ピュアスポーツカー好きの美容師

2016.02.15

車の本質に迫るピュアなスポーツカー

スポーツカー好きのランキングを個人の趣向をもとに、
外国車をメーンに考えまとめてみました。

フェラーリ画像

目次

1.ドイツポルシェ911を運転してみて

2.audi Rs4を運転してみて

3.BMW M3を運転してみて

4.現在はaudis4にのっています

5.まとめ


ドイツポルシェを運転してみて


工作機械のようなメタリックなスポーツカー

浦和のポルシェ911のサービス出身の店長さんが知り合いで、
1日ポルシェ911を借りきってドライブを楽しみました。

初めてポルシェを乗った感想はこれは~~普段は足で使う車ではないなぁ・・
下から突き上げるエンジンから響いてくる、シャーシの振動がレースカーを躍動します。

ポルシェ911エンジン部分 画像

乗り心地や居住空間はほとんどダメていう~~か、
あくまでもドライバーがスピード感を感じる車。

まさにピュアなスポーツカーの原型です。
ブレーキは100キロ出ていてもスーパーなブレーキ力(ブレンボ)は折り紙つき!

高速での走りっぷりは足回りが路面にひっついている感覚でした。
他の車がどんどん避けてくれる快感を感じました。
*別に他の車を威嚇しているのではありませんが

トップスピードも驚愕な勢いとスプリンターの力を感じました。

ポルシェ 911画像

■Boxste718

ボクスターもお借りしましたが・・・
これは海岸を気持ちよく走るドライブカー、好きなミュージックを聞きながら、

峠を越えて気持ちよく走るセカンドカー的な車です。
オープンな部分に解放感があって気持ちがいいですね。

パワーも2.7リッターからありますが基本2名ですから、
楽しみ方が決まってきますね♪


audi Rs4を運転してみて


幅の広いつかい方ができるパワーマシン

ハコ型のパワーマシンです。レース場で200キロから加速力がつくスペシャリティカー。
ファミリーで乗っても高速を走っても乗り心地よく走る優等生です。

ドイツ車に血が脈々と流れ乗り心地もよく、アウトバーンロングドライブに、
最適な日本であれば4WDの特長から、北海道にもってこいの車です。

車の性能に比べ価格も1000万円切るくらいの価格。
いまのRS4は3リッターで420馬力ですが、個人的には前者の4200ccのエンジンのほうがいいですかね・・

新しく出てくるaudi s4はアヴァントツインターボが出てくるみたいです。

audi s4はアヴァントツインターボ画像

BMW M3を運転してみて


軟派な躍動感あふれるモンスターカー

BMWは北米市場を強く意識した車だと感じ、座席が広く大きいですね!
audis4はアジア市場も意識してかちょうどよいサイズです。

走りは躍動感あふれるスーパーな走りです。
おそらくフェラーリあたりとは同等もしくは、それ以上の動力性能があります。

ロングドライブに適したスーパなドライビング車です。
車格もおおきくけして小回りが利くような車ではありません。

人をのせても安定したスポーツ走行が可能で、
レース場でも200キロ以上からメーターがアップする。

それこそ血が騒ぐ軟派なモンスターカーです。

BMW M3画像

現在はaudis4にのっています


街でも海岸やレース場でもアクティブ

オールラウンドなスーパーマシンです。
ピュアなスポーツカーではありませんが、4.2リッターを積んだ350馬力のマシンは街でもレース場でも楽しめます。

富士スピードレース場で走りに行ったこともあります。
十分楽しめました。

高速から海や山へとすべて叶えた車としての機能を兼ね備えています。
疲れた時や気持ちよく走りたいときなど、すべて忘れさせてくれるマイカーです。

audi s4画像

まとめ


車は心底から楽しめますねピュアなスポーツカーは「遊び」の感覚が強いですが、
人生は遊びがあってはじめて仕事につながると思っています。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログを定期的に更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約