ヘアアレンジに知っておきたい基礎知識

2016.04.25

ヘアパーツ用語あれこれ

どんなことでも基本が大切です。初心者はもちろん、
アレンジが決まらない人は基本をチェック!

ヘアセットの仕上がりに差がつくはずです。

ヘアセット画像

目次

1.バング

2.ハチ

3.トップ

4.フェイスライン

5.顔回り

6.外巻き内巻カール

7.毛先

8.えり足

9.ゴールデンポイント

10.うなじ

11.ぼんのくぼ

12.バック

13.イヤートゥイヤー

14.まとめ


バング


顔の印象がきまる

前髪のことを表すことば、顔の印象を決める重要なアイテム。
「前髪おろしバング」のような造語や、「前髪を裏三つ編みする」、
「サイドに分ける」など使う。

ヘアセット画像

ハチ


ハチを意識して顔回りをやわらかく

頭の上部の骨の出っ張った部位をさす。日本人は頭が大きい人が8割くらい、
「ハチを目立たなく」「ハチをスッキリひしかた」になど。


トップ


顔のカタチをカバーする

頭の一番上、頭頂部あたりの部位をさす。
「トップを深くして分け目をつけない」「トップに分け目をつけない」、

「トップで印象を変えたい」など作ることによって顔の印象が変わる。


フェイスライン


顔の外側

顔の輪郭をいいます「フェイスラインのおくり毛」「フェイスラインのふじびたい」、
などの顔のカタチを大きく見せたり、毛束によって隠したりスッキリみせる。


顔回り


可愛くみせるカールをつくる

顔回りのカールの変化をさす、顔にリバースカールは明るい表情に、
内巻はしとやかさ上品な感じなど、「顔回りで表現する」など。


外巻き内巻カール


明るく華やかにおしとやかに

カールの方向性で印象を変化させる、顔まわりにカールの方向、
リバースは顔の逆方向で明るく華やかに7、

ファワードは内巻でおとなしい品があるなどで印象が変化する。


毛先


カールを美しみせるポイント

巻いた髪の毛先を部位をさす。
巻いてセットする場合は、毛先を流して巻くと表現力がぐっと落ちてしまう。

「毛先は逃す」「毛先のみ巻く」「毛先をダックテール」するなど。


えり足


首まわりの部位

頭の後頭部のしたの部位をさす。耳からまわりから首まわりとさす場合も。
「えり足をそわせる」「えりあ足をすっきり」「えり足を長めに残す」と表現。

ヘアセット画像

ゴールデンポイント


頭のつむじ周辺のポイント

つむじ周辺の中央をさす頭の起点。「後頭部にふくらみはゴールデンポイント」から、
「つむじがわれやす」「ボリュームの出す部位」など頭の起点として使われる。

ゴールデンポイント画像

うなじ


女性の色気が出る部位

首まわりや後頭部の下部をさす。
「うなじを剃って」「うなじが綺麗」「うなじのラインが美しい」。

女性の美しさの象徴ぶぶんをいいます。


ぼんのくぼ


後頭部の骨のでっぱった骨部位

後頭部の骨の出た部位をさします。
この部位をすっきりさると頭が小さくみえる。

「後頭部の下部位をすっきり」「バックポイントの目印」に表すときに使う。


バック


前頭部とか後頭部のバックをさす

その名の通リ頭の後部位を表す。前頭部いがいの後頭部をさす。
「後はバックシニヨン」「バックを分割する」など指します。


イヤートゥイヤー


頭から耳の延長線上にある部位

鼻の小鼻から耳の延長線上をさすポイント。
「ロングヘアのポイント起点」「ポニーテールの起点」など、

ロングヘアやショートヘアなどカタチを表すときに使う。


まとめ


プロセスの説明に出てくるパーツ用語を理解していないと、
どこの髪を編んだするのかわかりません。

ベースになる部分などしっかり理解しましょう。

流山にある美容室ヘアサロンウェーブは、
美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約