ヘアスタイリングを若く見える方法

2016.05.03

やわらかく素材を活かした髪型

美容室でしてもらったら「老けてみえちゃた!」理由があります。
お決まりのヘアセットすると固くみえ印象が悪くなります。

髪の素材を活かしたフィンガーブローなどで、
髪を動かすようスタイリングします。

日本人のほとんどの方がクセなのでこれを活かしましょう。
目次

1.ボブへア カール感を活かしたスタイリング

2.大人のボブへアスタイリング

3.ロングヘアカールの方向によってイメージも変化します

5.まとめ



ボブへア 動きを活かしたスタイリング


髪のハネ感と指であやつる

最近に多いボブベースのカールヘアです。
クセがある場合は髪を活かして、指でカール感をだしてスプレー類で固めます。

ブラシやカールなどでなでつけると、カッチとした表情になるために老けた印象になります。
毛先のハネ感や質感の表情をでた状態でスプレーをかけると動きが出てきます。

髪には固たい印象のスタイリングにバツ!
髪に動きや毛先のハネ感がでるとやわらいイメージになります。

ボブへアスタイリング画像

大人のボブへアスタイリング


毛先のハネ感が質感が新しい

世代てきにショートはまだ・・・という方に多いボブヘアです。
ストレートをそのままブローするだけでは芸がなさすぎる。

髪の動きをつける毛先はイメージアップに効果を発揮します。
トップから中間は自然なながれから、毛先にナチュラルカール感を表現することで、
パット灯りがついてように若さをスイッチが入ります。

ただのストレートにしてしまうと暗い印象がでて、
いわゆる古いスタイリングになってしまいます。

指でもみほぐすようにカール感をつくってみて下さい。

大人のボブへアスタイリング画像

髪によってモデルによってもヘアスタイリングによって、
雰囲気や髪の表情は変化します。

大人のボブへアスタイリング画像

ロングヘアカールの方向によってイメージも変化します


リバースとファワードに印象が変わる

ロングヘアとくに巻いた方向によって印象が変わります。
リバース(顔の外側)に巻いたカールの表情は、明るくポジュテェブに変わり、

ファワード(顔の内側)に巻いたカールの表情は、おしとやか品のあるような、
巻いた角度によって異なってきます。

印象が老けて見えるかたなどは前の両サイドはリバースに巻いてみて下さい。
イメージのちがいにびっくりします。

【巻く方向をアバウトにする】

バックなどとくに異方向に巻くことによって自然なスタイリング表情が、
巻く場所も毛先巻や中間巻きなど変えていきます。

そうすることでボリュームのでかたも変わり、動きもでてロングのよさもでてきます。

ロングヘアスタイリング画像

【ヘアデザインを活かしたスタイリング】

ヘアデザインを活かしたヘアスタイリング。昨今のヘアカット・パーマなどの技術の進歩によって、
質感をそのままにヘアスタイリングをする仕上げがふえています。

指で揉み込んでカールやルーズ感をつくり、
ヘアデザインをそのまま仕上げする方法です。

いまはそうゆう方向に仕上げの流れになっているようですね♪

ロングヘアスタイリング方法画像

【ショートパーマを活かしたへアスタイリング】

パーマのボリューム感やシルエットの美しさをそのままへアスタイリング。

へアスタイル画像

まとめ


ヘアカットやパーマを活かすへアスタイリングですが、固い仕上げは気分を一日こわれてしまいます。
髪の表情や質感まで若く明るい感じにヘアスタイルが理想ですね!

美容師がどう考えるかでへアスタイリングがきまってしまいます。
一日がよい気分でいられるようなへアを提案しましょう。

流山にある美容室ヘアサロンウェーブは、
美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約