脱色剤・脱染剤・脱色脱染剤の違い

2016.09.19

ライトナー・ブリーチ剤・ティンコントローラのちがい

脱色剤
ライトナー・・形状(クリーム・液状)・毛髪のメラニンのみ、
髪を明るくしたときに使用。

「アルカリ剤の酸化染料を取り除いた薬剤」

「色味はそのままで明るさのみをアップさせたい時につかうヘアカラー剤です。」

脱色剤・脱染剤
ブリーチ剤・・形状(パウダー状・クリーム状),
過硫酸塩という、酸化促進剤が配合され活性酸素を大量に発生させるため、
ライトナーより明るくなる。
「酸化促進剤によってより明るくする」

「パウダー状はブリーチが早い、クリーム状はすこしずつブリーチがすすむ。
失敗が少ないのはクリームタイプですのでいまはこのタイプが主流になっています。」

脱染剤
ティンコントローラ・・形状((パウダー状・ペースト状),
毛髪の酸化染料のみを分解する。白髪を暗くなったものを明るくする。
トーンダウンした毛髪を変えたい場合。

「ホームヘアカラーなどで暗くなった場合まど、
美容室で調整する特殊なヘアカラー剤です。」

薬剤を使っている美容室が少ないので電話でご確認をおすすめ。

「酸化染料をチェンジ・トーンダウンのチェンジ」


まとめ


ヘアカラーをチェンジ、明るくしたい時、白髪染めの色を変えたい時、
などとケースバイケースで使用します。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約