50代からの傷めずおしゃれなヘアカラー

2017.03.21

ライトな白髪をのカバーする白髪染め
いまの50代はとても若く日頃のヘアケアもあって髪のダメージも少ない。
とはいっても髪のツヤや白髪など衰えているのも事実。そんな髪をカバーし補うヘアカラー剤をご紹介します。
ツヤを補うヘアカラーや、白髪をカバーするヘアカラーや、ダメージを迎えるヘアカラー。

ライトな白髪をのカバーする白髪染め

「イルミナとコレストンを白髪染め」
ウォーム系の配色
ウエラから発売された「イルミナ」髪のダメージを迎え深く濃い彩度と透明感が持ち味ですが、50代くらいの方の髪質にも鮮やかな発色が出てきます。暖色系の場合はウエラコレストンの5/07+12/95とイルミナのコーラル6レベルを1:1:2をミックスすることで、白髪も染まり明るく鮮やかなウォーム系ヘアカラーが実現します。
5/07+12/95+コーラル6レベル=1:1:2

イルミナとコレストンを白髪染め

ブラウン系の配色
日本人であれば誰での合う配色のブラウンはナチュラルで合わせやすいです。
硬い毛質ややわらかい毛質までやわらかい質感と明るさがポイントです。5/07+10/7にイルミナの6レベルを1:1:2をミックス。白髪も染まり明るく鮮やかなブラウン系ヘアカラーが実現します。
5/07+10/7+ヌード6レベル=1:1:2
*明るさを求める方は12/00や14/00をプラスしてください。

「髪のダメージを気にする方の白髪染め」
色も自然色で髪のダメージを迎えたい方には「ソフタッチ」がベスト。色もある程度までは明るくなるしのツーンとしたアルカリ臭もありません。おしゃれ染めでは既存部の調整などよく使われるヘアカラー剤です。
クリームタイプで薬剤の機能性もよく塗布しやすいです。プロも扱いやすく青山などのトップサロンでもよく使われています。ブラウン系・ウォーム系・ピンク系まで幅広いラインアップです。白髪染めタイプも薬剤もあるのでイルミナなど明るいヘアカラーと使うことも可能です。

「ハイライトを効果的なヘアカラー」
ベースをブラウンやアッシュにハイライトをラインを引いたようなトレンドカラーも挑戦してください。
勇気がすこし必要ですが華やかなヘアカラーの方にはおすすめです。画像はイルミナのアッシュにハイライトをミックスしたパンチのきいた質感です。

ハイライトを効果的なヘアカラー画像

マンスリークーポン
ネット予約