高明度・高彩度のイルミナとアプリエ

2017.05.25

いまのハイトーンカラーは染料が濃い

A.イルミナ(ウエラ) C.アプリエ(ホーユー)
お客さまの髪質によってハイトーンカラーを使い分けます。ハイ透明感は「アプリエ」髪が細くて高い発色を希望する方。明るく色の濃さを重視しる「イルミナ」がベストです。分ける理由は商品の作用や効果にあります。高彩度と高明度の2商品を解説します。

高明度・高彩度のイルミナとアプリエ

①イルミナ(ウエラ)
「色の濃さと浸透性が高い」
イルミナは髪の損傷を迎え、外国人のような濃い発色がポイントです。
アシスタントでも均一に塗れて操作性がいいとところもgood!
操作性という点ではイルミナは他メーカーが一番で、アシスタントでも十分キレイに発色して均一に染毛します。鮮やかさには定評があるウエラですが、ハイトーンなど薄い透明感をだす方には、染料の濃さが強すぎる傾向があります。特に黄色メラニンが多い人で明るさを希望する方には向いていません。色をしっかり出したい方はイルミナがいいようです。髪の状態を濃く出したい場合に向いているヘアカラー剤です。

高明度・高彩度のイルミナとアプリエ

②アプリエ(ホーユー)
ハイトーン透明感の特許取得のホーユーは、明るい高明度と透明感に定評があります。明るくやわらかな質感にはおすすめするヘアカラー剤です。イルミナもアプリエも染料が濃いのが共通していますが、アプリエは三剤式にブリーチ剤も10%プラスすることで、12レベル以上のお客様にはアプリエのほうが表現しやすいようです。ただし、色の濃さという点ではイルミナの方が分があるよう感じます。アプリエは15トーンまであるので高明度のお客様は使いやすいと感じます。

総括
オトナ世代の明るい白髪染めにも高明度・高彩度は使えます。色を濃く表現したい時はイルミナで、明るい発色が好みの場合はアプリエがいいと思います。髪質や求める明るさなどで使い分けるとお客様にも喜ばれます。

 

マンスリークーポン
ネット予約