50代女性の髪型のノンダメージヘアデザイン

2017.07.31

大人の髪を若くするヘア術

大人髪だからといってムリは禁物ですね、前髪のぱっつんカットや明るいヘアカラーなど、
若作りしすぎてかえって老けてしまうケースもあります。

50代の髪になってもダメージにみえないスタイルや、
ダメージを迎えるパーマ&ヘアカラーの、ヘアケミカル(薬剤)をまとめてみました。

50代女性の髪型のノンダメージヘアデザイン

目次

1.若く見える髪型アドバイス

2.カウンセリングを適切することで結果を左右する

●50代に合うパーマ剤 プリズムプラス

●50代に合うヘアカラー剤 ルミナスエフェクト


若く見える髪型アドバイス


大人髪は長さを調整することで印象を変えていく

前髪のカットによってイメージをアップする大人髪です。

年をとるとシワ・たるみ・そばかすなど新陳代謝などで目立たなくすることがポイントに!

前髪は極端に短く切っても逆効果になる大人世代ですが、
眉が見えるくらいで軽めにスッキリイメージにカットします。

また、フロントのこめかみ付近はたるみやシワがあるので長めに残します。
トップからサイドラインはラウンドレイヤーでカット。

トップ部分をレイヤーを入れすぎないように、
全体に丸みをつけることで顔もやわらかくみせることができます。

若い子のようにレイヤーが短すぎると、大人世代の顔のたるみが目立つからです。

ウエラコレストン


カウンセリングを適切することで結果を左右する


髪の状態を履歴を把握することが成功の近道

●50代に合うパーマ剤

パーマ剤はすこし前までは5-10年のサイクルで内容成分は変わらなかったですが、
いまは2-3年で新しい商品が発売されています。

アリミノ「コスメカール」の後継薬剤の「プリズムプラス」は、
アルギニンはアミノ酸に含まれる成分をプラスしたことで、
髪の負担を少なく毛髪の保護作用をアップしました。

負担が減った要因としては毛髪軟化成分がシステインやチオグリコール酸をプラス。
システアミンも従来通リベースになっています。

毛染めやストレートパーマなどダメージのある方に向いている薬剤です。

●潤い

●リッジをキープ

●ダメージレス

プリズムプラス

コスメカールご紹介ページ こちら→

●50代に合うヘアカラー剤

50代は白髪染めと明るさを求める方が多いですが、
ダメージをいかに少なくすることがテーマです。

ウエラから出ているイルミナシリーズはツヤ感とダメージを迎えるヘアカラー剤です。
グレー(白髪)ヘアカラーなのに明るいヘアカラーが可能な「ルミナスエフェクト」。
サンライトはライトナー、クリスタルはクリア剤、サンライトはディーブブースターの3種。

ハイトーンレベルの14トーンまで可能です。
グレーヘアカラーから明るい外国人のような色合いも可能なイルミナシリーズです。

大人のおしゃれなヘアカラーの方に向いている商品です。

ルミナスエフェクトご紹介ページ こちら→

ルミナスエフェクト

マンスリークーポン
ネット予約