成人式に失敗しないための準備とは

2017.08.29

着物よりもヘアスタイルや髪飾りが大切です

A.ヘア担当者がヘアスタイルを理解している.B.へアスタイルにマッチした髪飾り

最近の成人式のヘアメークと着付けは貸衣裳さんのほうで、前撮りと当日のヘアメーク+着付けがセットが多く、入念に打ち合わせができないパターンが多いようです。
打ち合わせができないとヘアセットやメークなど失敗する場合も多くなります。

貸衣裳さんにお願いして個別に打ち合わせをお願いすると良いでしょう。

ヘア担当者がヘアスタイルを理解している
成人式のヘアメーク&着付けは貸衣裳さんがパックで売り出すパターンが多く、
美容室が個別に対応できないパターンが多いです。
貸衣裳さんにお願いして個別にヘアなどの打ち合わせするようにしましょう。
臨時の美容師さんが当日に初めて会う場合も少なくありません。

美容室に予約する場合でも入念にしたいヘアを、担当美容師が理解していることが大切です。
一番よいのは普段から担当してる美容師にまかせるのが一番ですが、
運良くヘアセットに馴れている美容師にあたると失敗は少ないです。

②へアスタイルにマッチした髪飾り
ヘアスタイルが希望の通リ仕上がったとしても、髪飾りがマッチしていないと完成度が低く、
ヘアデザインが気に入ってとしてもどこか心残りです。
髪飾りは職人の手による繊細でダイナミックなものがベストです。

髪か飾りはデパートや美容室などで販売されていますが、
価格や髪飾りのデザインも考えても美容室で販売されている物をおすすめします。

デパートの場合は問屋さんが何件も入りかなり割高です。
しかも専門のプロが選ぶのではなく店員さんが髪飾りを選択するので、

どうしても商品の質に問題が出てきます。
美容室の場合は髪飾りに強い問屋さんから揃えるので失敗は少ないようです。

してほしくないことを箇条書きにする
髪質においてしてほしくないヘアスタイルはかならず伝える。
例:髪が少ないのに編み込みやひねりを入れて、髪の量を少なくするようなヘアスタイルや、
自分のイメージに合わないヘアや好みに合わないヘアスタイルにした場合。

その日のうちにやり直しのヘアスタイルはできない場合が多いので、
打ち合わせの段階で伝えて失敗しないようにしましょう。

マンスリークーポン
ネット予約