ヘアスタイルを選ぶにはこんな美容室

2017.09.23

優先順位をきめて美容室を決定する

A.インテリアのハード面と人間力のソフト面が大切 B.美容室のヘア情報力

いまのヘアサロンの数は郵便ポストよりも多い20万件以上と言われていますが、
これだけの数が増えてくるとどこに行ったいいのか迷ってしまいます。

技術がいいのかセンスはどうなのかと迷うことが多くなってきます。
その中でもホームページサイトなどで、スタッフの人数やお店のインテリアから、
ヘアスタイルなど選べてみることも可能です。

まず、わかることから初めてヘアサロンの様子を理解することで、
自分の想い通りのヘアデザインを手に入れることが可能になります。

1.インテリアのハード面と人間力のソフト面が大切

お客さまをもたなす一番の環境はヘアサロンのインテリアなど、
ハード面での優先順位をつける場合はお店の雰囲気が大切です。
セットイスとサロンの距離感が適当に配置されているかなど、お客さんとの一定の距離感が大切だからです。

店は広くなくてもお客さまとの空間があることでリラックスできますし、
隣のお客さんの声が「嫌でも聞こえてくるからです」。

内装が本物志向であれば技術面でもぬかりがないことが想像できるようです。

ソフト面では「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」と武田信玄の名言です。
美容業は人の依存度がかなり高い業種で、コンピューターなどではできないからです。
全て手作業で施術を行い気分の良いサービス(接客)が、人の手によってできるゆいいつの仕事。

人がソフト面を全てがヘアサロンのターニングポイントです。
美容室はハード面やソフト面がヘアサロンを選ぶ基準です。

1.美容室のヘア情報力

ヘアサロンはヘアカラーメニューの充実とヘアカラー剤の種類によって、
お客さまの満足度が広がりヘアカラーの提案力がアップします。
高濃度・高明度のヘアカラーであるイルミナ・アディクシー・ホーユーアプリエなど豊富。

イルミナのヘアの彩度やツヤ感は美容師の間でも話題になっていますが、
アディクシーは色のくすみ感やなじみのよさは他のヘアカラー剤をよせつけません。

ホーユーアプリエはハイトーンカラー15レベルまでを希望する人には、
明るさや彩度はアプリエ独自の鮮やかツヤ感が素晴らしい。
ヘアカラー剤の他にはパーマ剤なども同様です。

お客さまが髪のダメージを最小限に髪するのがトレンドで、
ヘアカラー剤やパーマ剤を選ぶことで希望のヘアスタイルが叶えられます。

ヘアデザインをつくるテクニックも常に勉強しているヘアサロンが選ぶ基準ですね!
カットヘアデザインををべースにし、パーマの知識のうえでヘア施術を行う。
髪質にあった薬剤を選択し薬剤知識を土台にパーマを提案力が大切です。

そういった情報はサロンのホームページなどで定期的に更新しています。
美容技術の内容を知ったうえで美容室を選びをしましょう。

マンスリークーポン
ネット予約