パーマが狙い通りにかかる方法(巻き方だけではない)

2017.10.05

パーマは薬剤はワインディングや巻き方だけではキレイにかからない

A.ベースであるカットが最重要課題です  B.水分を髪に均一に浸透させる

パーマは巻き方に全てが決まり思うようにかかる?
いや、ベースデザインのカット削ぎを均一にすることが大切です。

カットさえしっかりカタチを整えていることで、
スタンダードに巻けばほとんどキレイにかかります。

むしろ巻き方はサポート巻きやスパイラル巻きの角度を自由でもよく、
髪を乾燥させないよう霧吹きやペーパーを濡らすことがポイントです。


1.水分を髪に均一に浸透させる

水分が毛髪内に浸透することで浸透・膨張します。

極端ですが水を毛髪内に浸透させることでパーマがかかり、
薬剤の作用し最大限効果を発揮します。

みなさんは巻き方や角度など技術を大切にしますが、
大切なことは巻き方だけではなく薬剤が作用するように、水を浸透させてカットの削ぎを入れることです。

巻き方はテクニックとしてこだわる人がいますが、
サポート巻きとスパイラル巻きさえ理解していれば、
角度や方向性やロッドは自由に考えましょう。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約