お客さんが満足するヘアスタイルとは

2017.11.24

似合う髪型をベースにパーマやヘアカラーをプラス

A.カタチがベースに「似合うヘアスタイルを作る」 B.美容師と相性もポイントです

技術や接客で満足できるヘアスタイルをつくることは大切ですが、
根本である美容師がお客さんを真面目に取り組んでくれるかがポイントです。
自分にとってマイナスイメージになる部分を伝え満足感を高めましょう。

1.カタチがベースに「似合うヘアスタイルを作る」

やっぱりお客さんとヘアスタイルを切ってもらうには、
話しやすいすく「自分がわかってくれる」ことがポイントです。
ベースができた後はパーマであれば髪のダメージが少ない、ヘアカラーは彩度やツヤが出るタイプに、

パーマはコスメ系の刺激が弱くしかもしっかりパーマがかかります。
ヘアカラー剤はツヤが出て鮮やかさのある高明度・高彩度のタイプ。
カットベースに自分に合ったパーマ剤やヘアカラー剤を選びましょう。

ヘアスタイルに合ったパーマやヘアカラーをすることで、
ヘアデザイン性のある手入れのしやすいヘアが可能です。

●似合うヘアスタイルは”カタチ”

骨格がカタチの基本で顔も頭の形からバランスをとっています。
後頭部が扁平なのも骨格からの延長です。
カバーするのもカタチ切りかたで良くも悪くなるので似合うヘアスタイルする必要があります。

頭の形や輪郭に合わせてカットをすることがベース。
この部分をしっかりカバーすることが大切です。

2.美容師と相性もポイントです

ヘアスタイルを施術する場合は技術や接客がポイントですが、
美容師さんとの相性が悪い場合はヘアスタイルどころではありません。

気が合わない場合はヘアサロンを何件かあたってみて、
相性の合う人を担当になってもらうのがいいですね。

 

マンスリークーポン
ネット予約