出張美容の需要と美容の方向性(美容室)

2017.12.03

この20年はハナコ世代の人口が多く訪問看護が高まる

A.車椅子イスや自宅訪問が増える(時代背景) B.ハサミ1本バイク1台で起業できる

美容室の話題を前に年金問題とリンクするこれから20年は、「ハナコ世代」に人口が集中していて将来は人もいなくなり、年金問題も解決するといわれています。

それと合わせるとかのように車椅子の需要や訪問看護が右肩上がりに、コンビニや他異業種も併設し新たなマーケットを狙っています。美容室も同様な現象がおきています。

出張・訪問など増えてくることが考えられます。

1.車椅子イスや自宅訪問が増える(時代背景)

いまの人口推移としては50歳前後に集中しています。
美容室の経営もハナコ世代に顧客のお客さまをつかんでいることが生命線に。
いまの20代はハナコ世代の3分の1しかいない状態です。

あっという間に10~20年と過ぎ去ってしまい、美容室も介護問題や車いすのお客さまは無視できません。
かなりのスピードで出張や訪問美容がふえてきています。
美容室を営業していた時のお客さまが介護が必要になって出張美容の部門を立ち上げたり、

美容師さんがハサミ1本とバイク1台で起業をしたり、元美容師の主婦も同様です。
資金が少ない状態でも出張美容師ができる2部ではこの話題を考えます。

 

3.ハサミ1本バイク1台で起業できる

美容室経営者や美容師が出張や訪問美容をスタートしています。
1部でも日本の人口の多くは50代前後に集中することもあり、
ビジネスチャンスがある市場といわれていますが、利益を出し続けて企業としては難しいでしょうね。

●出張・訪問美容の法律的な解釈
1.健康を害しその他の理由で美容室にいけない場合。
2.刑事収容施設等の被収容者又は被留置者に対して美容を行う場合
3.人が立ち入らないようなへき地で行う場合

3.で行う場合などはSMSやホームページを作りインターネットで集客する。
友人・知人などに声をかけるなど名刺なども必要です。
*3.は付近に理容所・美容所のないへき地に出張して理容・美容を行う場合のみ(注意)

いずれにしても人がいる場所では出張・訪問美容は行うことができません。
法律的な解釈を理解したうえで初めてみてください。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約