おおたかの森・柏の葉キャンパスSCの特色

2017.12.13

子供連れヤング層は柏の葉キャンパス・大人世代&ファミリーはおおたかの森

A.広くショップ数はおおたかの森の倍以上の柏の葉キャンパス B.ショップ数の柏の葉キャンパス・アトラクションのおおたかの森

いずれも流山市から映画館が3キロ圏内にあって、
赤ちゃんショップやこどもさんを意識したショップが数多くsc内にオープンしました。
sc内には食事をするスペースがあり、柏の葉キャンパスには子供さんやファミリーに広さを確保。おおたかの森は大人世代をターゲットに食事スペースを確保しています。

両scの特色やショップをまとめてみました。

 

1.広くショップ数はおおたかの森の倍以上の柏の葉キャンパス

柏の葉キャンパスは広くショップも数多く出店しているようです。赤ちゃんから子供やヤング層の女性などターゲットに柏の葉キャンパスの戦略を打ち出しています。おおたかの森はこどもさんのショップも以前より増えましたが、どちらかというと大人やファミリー層を狙ったsc作りを考えています。

ショップ全体は広く資本力のある外国が本社がある、衣料品や食品など大手が目立ったショップが多い。フードコートも全体的に広く席数も多くショップ数もおおたかの森の倍以上はあります。

 

2.ショップ数の柏の葉キャンパス・アトラクションのおおたかの森

柏の葉キャンパスは三井系列が土地を開発しているせいか、こどもさんが通る通路も広く、乳母車とお母さんも無理なく歩くのには支障はありません。

ヤング層に絞ったショップ展開をはかっていて、音楽のCDを販売しているHMVなどもあります。ショップ数も断然多く広大なスペースが特色が柏の葉キャンパスです。

おおたかの森は日本都市整備公団と県や市などがおおたかの森を開発しました。

敷地も柏の葉キャンパスよりは狭いですが、駅前にはアトラクション公園や駅前にフードショップなどの場所を預けています。おおたかの森のsc外ではないのですが、フードコートを合わせると便利さはあります。

いずれのscも赤ちゃんやこどもさんの衣料品を扱ったショップが多い。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約