ヘアスタイルを美容師に伝える方法

2018.01.14

自分にとって嫌いなヘアスタイルを伝える

1.カットは美容師のセンス&接客を判断材料として 2.ヘアスタイルを理解してもらう

ヘアスタイルを伝えるときはヘア画像や、サイト画像にとらわれすぎないこと。
毛髪によってはカットデザインはもちろん、パーマやヘアカラーが必要な場合。
むりやりパーマやヘアカラーすることで失敗することもあります。

1.カットは美容師のセンス&接客を判断材料として

希望のヘアスタイルをうまく伝えても受け手側の美容師が・・・
では、こどもにお金をあげるように、美容師の見極めが大切です。
原因は技術なのか美容師のヒヤリング能力(聞く姿勢)を見極めること。

 

ホームページなどを見てヘアサロンのヘアスタイルや、
サロンの方針などをみて読み取ってサロン選びを。
できれば、スタッフが作ったヘアスタイルを見るのも判断材料です。

ホットカラーで巻いたヘアスタイルをアップしますが、
ヘアセットスタイルではなく、カットしてパーマ&ヘアカラーした画像がいいです。
技術力が巻いたヘアセットでごまかされてしまいます。

2.ヘアスタイルを理解してもらう

顔や髪質などに悩んでいることを伝えることが課題ですね。
話で説明して美容師さんに伝わったと思っても、施術の回数が少ないと理解はむずかしい。
よほどアンテナを張っていて技術が優れていれば別ですが、

何度も確認をすれば技術力がある美容師さんであれば、
希望のヘアスタイルに仕上がります。何度も相談し納得いくように話し聞いてもらい、
自分の思ったヘアデザインに仕上げてもらいましょう。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約