ブリーチを素早くキレイに塗るコツ

2018.03.24

作業をしやすくリズミカルに作業をすすめる

1. ハケで一気にスピード感をもって塗布する 2.スライスを斜めにしてヘアカラー剤を塗っていく

ヘアカラーもブリーチがメニューが若い世代を中心に浸透しつつありますが、
それにともなう塗布技術や施術の進め方のコツがわからない美容師が多い。
しんびようでも特集を組むとソウルドアウトで大反響です。

ただ、ヘアサロンすべてのお客さまがブリーチ施術することは考えられません。
ひとつの技術として覚えていることが必要ですね!

1.ハケで一気にスピード感をもって塗布する

ブリーチは放置時間が長くなると命とりになってムラが発生します。
お客さまの層が限られているテクニックなので美容師からの反響もすごい。
頭の後ろ部位をイヤ・トゥ・イアから塗りはじめ、頭の横の部位を染める手順です。

えりあしの染まりが悪い部分より斜めにハケで薬剤を塗布。(繰り返しハケで塗らないよう一度で塗布)
横のこめかみ部位は染まりが速いので薬剤をを少なめにするかスライスで調整します。
ブリーチを塗るコツはブロッキングをささえる。

1.ダッカ―ルを留め作業を速く塗布
2.表を塗ったら次のスライスの表面を塗る。
スピード感をもって手早く塗布することがカギになってきます。

 

1.スライスを斜めにしてヘアカラー剤を塗っていく

斜めに分けてブリーチ剤を塗布することで、効率よく均一に染めることが可能です。
コーミングも同様で斜めにわけ薬剤の溜まりを防ぐ効果があります。
ブリーチ剤はスピードとリズムによって毛髪が均一に染めることが可能になります。

マンスリークーポン
ネット予約