実は美容室(サービス業)で大切な接客

2018.03.27

技術がよくて接客が悪い、接客がよくて技術が普通

1,.お客さまを理解する努力を惜しまない

お客さんにとっては「接客がよくて技術が普通」に軍配があがる。個人差があった中には職人の人におまかせしたいと考えるのはごく少数だと思う。

お客さんを気持ちよく返すことで紹介のお客さんも増えてくる。これだけ美容室の件数(20万軒数)あるとソフト面の充実が大切です。

1..お客さまを理解する努力を惜しまない

人間に大きくわけて4つのタイプに分別されていると言われています。SOFT・HARD・WARM・COOLです。
SOFTはやわらかい相手を尊重する安定を好むタイプ。HARDの自分に意見をハッキリ伝える自己主張タイプ。

WARMは人と共感する明るいタイプ。COOLは論理で物事を考え実行するタイプです。

4つのタイプを見極めることと、それ以上に自分はどのタイプに属すかで、お客さんの性格や接客方法を変える必要があります。

ここで、初めてお客さんの声を反映して聴くことのできる美容師となるわけです。技術tがよくてもお客さんを知る心理学的な要素が必要になってきます。

大きく分けると接客はどれだけ訓練され行動にうつすくかが基本になってきます。美容室の中でも技術jはあ普通だけど、大繁盛している美容室はここにあたります。

美容師は技術も努力し勉強することが基本ですが、人間力を磨くことが美容室の生命線になってきます。

 

マンスリークーポン
ネット予約