縮毛矯正だけのメニューにこだわっていけないヘアスタイル

2018.07.30

髪のダメージ・縮毛矯正あとのメニュー・ヘアカラーの退色

1.加齢にともなうヘアメニューの変更

大人世代の縮毛矯正やヘアカラーなど継続してダメージを負った。
メニュー内容やダメージ対策を変えながらおしゃれなヘアスタイルを楽しめように、
ストレートなヘアからダメージをおった髪から、カールヘアなどに変更しましょう。

1.加齢にともなうヘアメニューの変更

30代までは縮毛矯正をすると持続性があったのに、年齢を重ねるごとに縮毛矯正の持ちが悪い、
毛触りがひっかかりでツヤがなくなったなど、加齢とヘアカラーと縮毛矯正のダメージによってストレートなデザイン維持できない。
そんなタイミングにヘアスタイルの変更をすすめます。

●長さを伸ばして手入れをしやすく
縮毛矯正から伸ばして手入れがしやすくなる?年齢を重ねるごとに弾力性も弱まりスタイリングがしやすくなります。
全体に均一に削ぎを入れ髪量の調整を行うことでクセも少なくなってきます。

●パーマをかけてイメージチェンジを図る
縮毛矯正とヘアカラー(白髪染め)を施術しているので、髪のダメージは大きく手入れしずらい髪質になっていますが、
正確なカット&削ぎでベースをつくり、ダメージが小さいパーマ剤を使用し、ホームヘアケアを行う。

パーマはコスメパーマ・ヘアカラーはウエラのイルミナはダメージを最小限・サロン専売品でホームヘアケア。
現在のハード面のメーカーの開発力の進歩は素晴らしく、縮毛矯正やカラーでダメージを負った髪もフォローします。
そのうえでテクニックや薬剤知識のあるスタイリストが提案するパーマでイメージチェンジする。

●クセ毛を生かしたヘアスタイル
若いころとはちがい大人世代の人は弾力もなくなり、顔のシワも増えてストレートなデザインは似合うなくなってきます。
ヘアスタイルの適切な”カタチ”を整えられるスタイリストにお願いする。

1.長さを伸ばして手入れをしやすく 2.パーマをかけてイメージチェンジを図る 3.クセ毛を生かしたヘアスタイル
加齢によって引き起こす原因があっても、何点か提案したもの中から選択しイメージチェンジも可能です。
よって今のヘアスタイルにこだわらず、ヘアスタイルのチェンジすることが可能です。

 

マンスリークーポン
ネット予約