ヘア増毛タイプと形状記憶タイプのちがい

2018.08.29

増毛タイプは価格も高く本数も多い、形状記憶タイプは軽くボリューム感が得られる

1.時間が経過すると髪が重くなる(増毛タイプ) 2.時間もかからずコストも手軽(形状記憶タイプ)

法律の改正により大手2社(かつらメーカー)のループを使う技術も、
ニードルを使い髪を玉結びでファイバー毛に結ぶ技術が公表されるようになりました。
増毛の技術の効力が10年で切れてしまう法律改正に変わりました。

そんな理由もありフォンテーヌもBIOAM JAPANも技術を使えるようになったようです。
ファイバー毛に関してはメーカーの質によって差があるようです。

1.時間が経過すると髪が重くなる(増毛タイプ)

大手メーカー2社の技術は10年ほど先に増毛の技術が進んでいるため、
質感のクオリティは高くいままでの習得の経験があるのが強みです。
経験した強みや実績があります。

増毛タイプは価格が高すぎる点や、ファイバー毛をつける本数が多いため時間もかかる。
ファイバー毛を玉結びで結ぶ技術も法律改正で10年で終了し公表する。
価格もBIOAM JAPANのヘアループのような、質の高く。手頃で高品質なファイバー毛など他社に脅かされる。

2.時間もかからずコストも手軽(形状記憶タイプ)

BIOAM JAPANのヘアループは増毛なタイプですが、
考え方は大きく異なりヘアデザインがベースになっています。形状記憶タイプであること。
ファイバー毛がアイロンによってパーマをかけた状態に変化します。

前髪の少ない部分や、つむじ周辺の髪の割れ目や、ボリュームアップを部分的にアップすることが可能です。
開発には美容師がかかわっているので、技術の進歩性も高く使いやすい。
ファイバー毛も京セラの共同開発によってファイバーの耐熱効果にアップ。ファイバー毛が一番の特色です。

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約