オーガニックを美容室専売品が力を入れる理由

2018.10.09

オーガニックは化学肥料や農薬を使わない意味

1.ポタニカルとのちがい意味 2.髪のダメージに優れているの?

オーガニックは髪に良いものという印象が一般的ですが、どんなジャンルで世代はどれくらいなのか考えてみました。
最近はポタニカルシャンプーなども注目を集めていますが、このちがいも素人の目線でわかりやすく説明します。
正直ダメージを負った髪には効果が少ない。どちらかというと”感傷にひたる”商品です。

よいものとは感覚的に感じますが先ほど説明したように、ダメージには脂や保湿力を保護するヘアケア商品はあります。
トリートメントの脂を凝縮した「ヘアマスク」はダメージに対して、髪の中の水分や油分を補う作用があります。
今回のオーガニックはすこしちがいがあり。お客さまの心を癒やす要素が多いようです。

1.髪のダメージに優れているの?

ヘアサロンウェーブのブログでも専門的にとりあげましたが、ポタニカルとは天然由来成分という意味。
速い話し植物性を多く含んだヘアケア剤です。香りもそこそこあって髪ざわりもまあまあ~って感じです。
コンデショナーとセットで販売しています。コスメショップなどにも広く販売されています。

オーガニックは農業からきた言葉で、化学肥料を使わない無農薬の商品です。
オーガニックの本場はヨーロッパのイタリア・イギリスなど、世界的なオーガニックの団体があります。
イギリスのチャールズ皇太子はオーガニック団体の総裁をつとめ、国を挙げてオーガニックを盛り上げています。

日本とはちがい街中のスーパーですこし高めではありますが、クッキーからお野菜まで幅広く取り扱っています。
日本も世界的なオーガニックブームの影響などで、こだわりのある一定の方からの需要が大きい。
ポタニカルとはポタニカル団体というものは存在せず、認知度といって面では弱いようです。

2.髪のダメージに優れているの?

辛口ですがダメージ毛には向いているヘアケアではありません。ひとこと”いいもの”無農薬の厳しい基準を通った商品です。
しかも国際的な任意団体ですので折り紙付きですので、日本で販売を伸ばしています。
しかもアヴェダやヴィラロドラともに美容室の専売品が多く、ドル箱商品なので美容室も力をいれています。

ヘッドスパやオーガニックはともに癒やしがあり、店の販売にもつながりやすい、ヘアサロンによっては主力商品です。
ただし、デザインヘアカラーには向いていません。若い子は手を出しにくい商品です。

明るいリフトアップのようなヘアカラーではなく、明るくても10トーンくらいです。
オーガニックはヘアカラーは大人世代向きですね。また、オーガニックが欧米で人気があるのは、よい商品がすくないからだと思う。
日本はドラッグストアにも高額なヘアケアは質も高い。そういった意味ではこだわりの方が購買する商品です。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約