ボブウルフ・マッシュウルフのヘアスタイル

2018.11.16

ボブベースに厚みを残した外はねヘアデザイン

1. ボブ・外はね・厚みがベース 2.基本カットベースが入っているスタイリストの入門編

「ウルフ」とはいっても一昔前のレイヤーベースではなく、マッシュルームやボブをベースにしたヘアデザインです。
ボブの厚みを残しながら、えりあしは外はねのデザインポイントです。
ボブベースのデザインの耳の後ろ部位の外はねにする感じが、ミディアムヘアのテーマになっています。

いかにレイヤーベースのウルフを残さないように、ウルフヘアスタイルが課題のように思います。
アシスタントの応用のカットの勉強に、カット基礎ベースの課題でもある。(レイヤー・グラデション・ボブ)
マスターできればほぼお客さまにも対応できるヘアスタイルでもあります。

1.ボブ・外はね・厚みがベース

ウルフへアはごまかしがききやすいヘアスタイルでもあります。
レイヤー・グラデション・ワンレングスとすべてこのヘアスタイルの中にあるからです。
ヘアカラー(ハイライトを含む)やパーマなど、組み合わせやすく自由度の高いヘアデザインです。

流行を取り入れようといざお客さまに進めても、ボブベースのレイヤーですが、お客さまの反応は流行に敏感な人はいいですが、
コンサバ(普通を好む)が好きな大半の人にはすすめるのは?ですね。
レイヤーを入れると伸ばすまで時間もかかりますし、手入れも楽そうでそうでもないからです。そこが課題のヘアスタイルです。

 

2.基本カットベースが入っているスタイリストの入門編

レイヤー・グラデション・ワンレングスに、パーマやヘアカラーを組み合わせたヘアスタイルです。
ポイントは耳の後ろ部位の重みと軽さを共有する「外はね」です。毛先に正確なカットと削ぎによってハネ感を実現します。
顔回りはマッシュルームのような丸みがデザインを引き立てます。

ヘアデザインによってハイライトのような陰影がヘアスタイルを引きたてます。
サイドは短くし軽さとモード性を表現することも可能で、イメージの幅が多いヘアスタイルでもあります。
ただ、ぞれだけに”カタチ”が不正確な場合は、老けたり、手入れもしずらくなるので注意が必要です。

*しんびようの12月に特集が組まれています。ホームページはこちら⇒

マンスリークーポン
ネット予約