成人式で美容師さんに希望をうまく伝える方法

2018.11.17

希望のヘアスタイルを伝える努力を行う

1. 自分の頭で考えしてほしいヘアスタイルを伝える 2.時代性にあった個性的なヘアデザイン

スマホやスタイルブックに掲載されているヘアデザインを伝えることがベスト。
最悪してほしくないヘアスタイルになる心配はなく、固いヘアは嫌いであればはっきり伝えること。
できれば、着付の業者さんで紹介されるセットで組み込まれている美容室は避けたい。

美容室もお客さま自身が選べるものではないので、失敗
最悪してほしくないヘアスタイルになる心配はなく、固いヘアは嫌いであればはっきり伝えること。
できれば、着付の業者さんで紹介されるセットで組み込まれている美容室は避けたい。

1. 自分の頭で考えしてほしいヘアスタイルを伝える 

スタイリストにおまかせであればいいのですが、自分の希望の成人式のヘア&メークをしたい場合。
イメージを伝えることが肝心です。スタイリストも当日までにお客さまのために、ヘアデザインを考慮し希望のスタイルを仕上げます。
例:キッチリとした固いヘアデザインは嫌い、緩ませたヘアデザインが好き、作らないナチュラルなヘアデザインが希望など。

自分のヘアスタイルのイメージを決めることや髪飾りも大切なポイントです。
お客さまの中には20-30年前の時代性にあってないものや、汚れていたり飾りとしての装飾は乏しいものは避けることが大切。
ヘアスタイルも同様に髪飾りもヘアサロンのもので、飾りを取りそろえることをおすすめします。

2.時代性にあった個性的なヘアデザイン

成人式のヘアは基本は自分が希望するスタイルですが、こだわった個性がひきたつスタイルにこだわったほしい。
おまかせも悪くはありませんが、自分の顔や特色は良く知っているわけですから、送り毛を顔回りに、顔の輪郭をカバーする。
など、自分しかしりえない部位をスタイリストと一緒にヘアスタイルつくりをおすすめします。

ヘアデザインもかならずしもトレンドを考えてヘアスタイルつくることが大切ではありませんが、
自分の好みもあるので・・・傾向はつかみヘアスタイルをつくることが大切です。
ヘアスタイルいがいにも着物の柄や素材が関係します。トータルで考え生涯で1回の成人式を迎えましょう。

■コメント
成人式のヘア&メークはカウンセリングを行い問題点かないかを確認すること。
ヘアやメーク着付けのチェックを十分に行いましょう。

 

マンスリークーポン
ネット予約