美容室でお客さまとの会話の中での注意点

2018.11.19

お客さまにとって裏方として振る舞う

1.健康面や政治的なことは話さない  2.リラックスする話題でスキンシップを図る

スタイリストの年齢が重ねると病気や体にかかることを話ますが、テレビのバラエティーでは高視聴率を稼ぎますが、
サービス業でもあるヘアサロンなどは禁句の話題。お客さまのタイプをみて話すべき話題を見極めることが大切です。
また、あのヘアサロンに行ってみたいと思う気持ちになってもらう必要があります。

1.健康面や政治的なことは話さない

お客さまが健康を害して場合など、お客さま自身が話す場合があった時は、ちがう話題に切り替えることが必要です。
悪いパターンはベテランのスタイリストも同じ話題で共有してしまい、他のお客さまや若い世代の人がいた場合など失礼にもあたり、
大人世代の人たちにも現実に戻る話題ですので、健康面や体に対しての話題は極力さけるようにしましょう。

ヘアサロンは海外旅行やスポーツや習い事など、お客さまにも他に一緒にいられる若い世代にも共通し楽しい話が大切です。
いまはヘッドスパやオーガニックヘアケアなど、癒やされるような商品にお客さまま求めています。
ヘアサロンの場は憩いの場でありリラックスするサロンであることを忘れずに。

2.リラックスする話題でスキンシップを図る

例:大人世代であれば趣味のヨガやスポーツの話題をすると盛り上がりますね!
そこで年金の話や政治的な話をすれば、とたんに非日常的な話題を望んでいるのに、現実に引き戻されることです。
お客さまが楽しい話題をスタイリストが導くことで、スタイリストが話を楽しむことだと思う。

スタイリストとしてはお客さまのタイプを見極めながら、話題を選びお客さまを楽しまれる空間をつくる。
お客さまの中にはゆっくりしたい、クールなタイプのお客さまなどに多い、デザインと技術を重視する人もいます。
常に自分で考えながら話題を提供し、お客さまを見極めることが大切です。

コメント

長く美容室にお客さまがやすらぎを求める場合には、会話のルールをスタイリストが自覚する。
お客さまが興味のある話題でも内容によっては、話題を変えるよう心掛けるようにする。
ヘアサロンの空間も常にサロン側が気配りをもって行動する必要があります。

マンスリークーポン
ネット予約