美容室で前予約すすめる理由

2018.11.26

お客さまはキレイでいられる。ヘアサロンは安定した売上を得る

1.美容室が予約をすすめるわけ 2.お客さまのメリット

美容室が全国でコンビエンストアが6万件に対して、美容室は24万件と4倍の多さです。閉店が少なく開店が多い現在の状態では、
固客のお客さまが多くいることで美容室の安定が図れるわけです。そこで前予約を美容室がすすめる理由があります。

1.美容室が予約をすすめるわけ

前文で経営が安定するは理解できたと思います。では具体的にはどんな内容かを考えてみましょう。
1日10名のお客さまさまで成り立つ美容室であれば、前予約が5名が入っていれば、
あとの5名を来店してもらう戦術を立てる。美容アプリかチラシかポスティングかで、お客さまの来店促進の方法を考えます。

1日の来店は売上に直結するわけで、美容室側も考える余裕もできるわけです。

2.お客さまのメリット

1.お客さまも計画がたてやすくなること。2.美容室によっては値引きなどの特典が得られる。3.整ったヘアスタイルを得られる。
1カ月と1カ月半では髪の手入れも変わり、ほんの15日間でもヘアスタイルの再現性は変わります。ヘアカラーも定期的に行えば費用もかかり、
値引きなどもお財布にやさしい。なにより整ったヘアでいられるのは気分も良いものです。

この中でも2番目の項目はうれしいですね!店によっては値引きもありませんが、
予約してもらうことで、他店には行かれないわけで、ぜひ、特典が得られ美容室で予約してみてください。、
前予約は美容室側が自信がないと、声をかけずらいわけですが、次回も来店する確証を得られるので積極的に推進したほうが美容室もプラスです。

コメント・・・前予約は囲い込みの意味があるので、お客さまが信頼関係の証の意味合いが強い。
お客さまによっては予約することで自由がきかなくなり、嫌がる人もいるのでお客さまに失礼にならないよう声をかける。
自由に美容室に行きたい人や、前予約を断れない人もいるので注意することも大切です。

 

マンスリークーポン
ネット予約