ヘアセットの評価の高い仕上げの傾向

2018.11.25

編込みやくるりんぱに髪を緩ませるヘアデザインが多い

1.編込みを指で表面を揺らすヘアスタイル 2.くるりんぱや髪の表面を指で表面を整える

髪質や好みによって、着物やパーティーヘアや、披露宴のヘアスタイルなどセットも幅広い。
日本髪のようなクラシカルなヘアは表面をキッチリするヘアや、テレビのアナウンサーが好んでするヘアスタイルなど。
好んでするヘアセットによって印象が変わり、いわゆる”その人らしさ”がイメージが変わります。

最近の傾向としてはカッチリまとめる、表面や量感を美しく際立ったヘアセットよりも、
髪の表面を指でほぐしたり、編込みを指で揺らせるようほぐし、まとめかわいい感じに仕上げるヘアセットが多い。
編込みやロープ網などにシニヨンを組み合わせたヘアセットが人気を集めています。

1.編込みを指で表面を揺らすヘアスタイル

ヘアを後頭部の下にシニヨンでまとめ、バランスをとったヘアデザインが多い。
ほとんど表面は大きめのアイロンで表面を揺らすような質感を表現し、固い印象をもたせない感じが多い。
ピッチリ髪の表面をする若い世代はいませんね。ほとんどが嫌う傾向です。

カッチリキレイにまとめる方は、大人世代で髪が細くやわらかい人に多い、理由は顔の表情や髪にも合う場合が多い。
もちろん大人世代のかたも大きなヘアや、カッチリまとめたヘアを嫌がることも多いですが、
お客さまの好みや雰囲気に合わせてスタイル提案しましょう。

2.くるりんぱや髪の表面を指で表面を整える

くるりんぱも相変わらず人気が高いですが、ここ最近はポニーテールをポイントを下にさげ、表面をすくい質感を出すヘアセットが多い。
NHKのニュースウオッチナイン9時の「桑子真帆」アナウンサーのヘアがお手本です。
髪の表面の質感が揺らぎを表現し、送り毛が効果的ですね。

桑子真帆さんが好んでしているポニーテール風ヘアや、バックシニヨンのお手本のようなヘアが印象的です。
髪の表面のアイロンの残ったカール感や、表情などいまのヘアセットのトレンドを表現しています。
ヘアセットのヘアカタログも、桑子真帆さんがニュースでしているヘアセットです。

コメント

髪の表面のアイロンの残ったカール感や、表情などいまのヘアセットのトレンドを表現しています。
とっても参考にできますのでぜひ見てください。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約