オラブレックスとマレイン酸との関係

オラブレックスとマレイン酸の関係

1.フレックスタイプのオラブレックスにの意味 2.マレイン酸をパーマ剤で使う

毛髪を構成するアミノ酸を再結合させる技術。低分子構造により毛髪内部まで浸透し、効率よく壊れたアミノ酸を再結合させます。マレイン酸がヘアカラーやパーマなどでダメージを負った状態のなか、アミノ酸の強度を失った状態から、アミノ酸を酸化させ、新たな細胞ををマレイン酸がアミノ酸を再結合させます。
酸熱トリートメントもレブリン酸やグリオキシル酸と同じような考え方ですね。フレックスタイプ(ハイトーンカラーやブリーチ剤)によるダメージを小さく、キューティクルにある剥離を防ぎ、髪を健康な状態に髪を整えるというのがオラブレックスの特色です。

目次

1.フレックスタイプのオラブレックスの意味

2.マレイン酸にパーマ剤やヘアカラーに使う


1.フレックスタイプのオラブレックスの意味


フレックスタイプは(ファイバーコンプレックス・オラブレックス)ハイトーンカラーやブリーチなどキューティクルにダメージをカバーしメンテナンスするタイプのシステムトリートメント剤です。

新しいジャンルのシステムでトリートメントと考えていいと思います。オラブレックスは前に触れましたが、キューティクルの剥離をを防ぎ、毛髪内の繊維のダメージを防ぐことで、髪触りやツヤ感をアップさせていくのがフレックスタイプの特色です。

欧米やアメリカなどの国外では薬剤に混ぜることが法律でも許可されていますが、日本では薬事法の規定で混ぜることは法律では許されていません。

また、薬剤の中で混ぜるとブリーチなどはリフトアップに影響が出るので、使い方をヘアカラーする前に使用することをメーカーでは指導しています。影響が出る理由は「酸」のためアルカリとのバランスもあってリフト力に作用がしずらくなる。*シュワルツコフの「ファイバープレックス入り」のブリーチは明るくなるようですね!

日本の法律ではマレイン酸を薬剤と混ぜることはできませんが、研究や勉強のために行う場合で限定して使って調べる必要がありますね!

いずれにしてもスタイリストが薬剤の知識を知らないと効果も半減しますしね!


2.マレイン酸をパーマ剤で使う


パーマだけの質感ですと髪にごわつきや乾燥したような髪触りで、マレイン酸を混ぜることでしなやかさやツヤが出てきます。髪の表面などもキューティクルに作用し剥離をを防ぎ質感が抜群によくなります。

オラブレックスも発売されて5年ほどしかたっていませんが、日本でもまだスタイリストの知識も乏しいのが現状です。

マレイン酸は日本ではシュワルツコフと、オラブレックス、CUTICULA(日本)の3社とされています。

ヘアサロンウェーブはCUTICULAのマレイン酸を使っています。

パーマ時の使い方1.- 1剤の軟化後2.-マレイン酸を水を30倍希釈し全体に塗布します3.-中間リンス4.-2剤の塗布を行う。*システイン酸を起こさないためにマレイン酸を使用します。

ヘアカラー時の使い方1.- CUTICULAのマレイン酸のキャップに7分目にヘアカラー剤に入れる

ブリーチ剤1.- CUTICULAのマレイン酸を薬剤の総量の5%-7%使用します。

この配合の配合量は代表でもある一木氏から教えてもらったレシピです。

マレイン酸での日本での権利はCUTICULAさんが持っていて、日本での使用許可をもっています。*他社のメーカーはグリオキシル酸がメーンでCUTICULAさんのマレイン酸のような液体では使えないそうです。

いずれにしてもマレイン酸の扱いかたはメーカーによっても異なり、配合もちがいますがまだ出始めの薬剤で、パーマやヘアカラーの効果も高いようです。

*余談にはなりますがオラブレックスは、マレイン酸のさらに上の薬剤(ジマレイン酸ビスアミノプロピルジグリコール)でとても高額だそうです。仕上がり具合はマレイン酸と比較して価格を考えるとどうかなあ?感想です。ヘアサロンではCUTICULA(マレイン酸)を使っています。