直接染料が配合されていないロレアル

直接染料を使わずに鮮やかな色を実現するロレアル

1.ロレアルの商品開発能力 2.数々の特許をもっているロレアル

ロレアルの年間2017年の売上は3兆円を稼ぎだしています。

日本国内でもウエラが大企業ではありますが、現在は実質の経営権はP&Gがもっているので、

ウエラのオリジナリティを失われなければいいのですが・・・

*国内の売上はミルボンが200億円でディラーのガモウが500億円です。

 

日本国内で直接染料を使用していないメーカーは、アリミノのヘアカラー剤も使用していません。

他のメーカーは補色が多く配合されていることが一般的です。

目次

1.ロレアルの商品開発能力

2.数々の特許をもっているロレアル


1.ロレアルの商品開発能力


■鮮やかに酸化染料だけで鮮やかな色を表現できる

プロのみなさんは直接染料とは?マニキュアや塩基性ヘアカラーにも配合されている染料ですね。

直接染料の良さは鮮やかさや色を表現しやすいですが、色落ちがしやすく持続性がないことです。

 

スタイリストから評価の高い、ミルボンですが、ヘアカラーのほとんど直接染料を配合されています。

色の作りが補色が多く配合されているので、色持ちが劣り褐色しやすいデメリットがあります。

メリットは染めたて直後は色が出やすく、希望の色も表現しやすいことです。

 

ただ、色がでやすい反面どうしても色落ちが、激しいことも理解するといいですね。

ロレアルのヘアカラーはアリーリアや、いま話題のイノアは直接染料は配合されていません。

純粋に酸化染料で鮮やかな色を表現します。

 

ダブルヘアカラーでもあるグレージュの染料は、ロレアルが持っていて国内のメーカーは、

ロレアルの許しを得て使用しているメーカーも多い。

アリーリアにしてもイノアにしても持続性もあり、鮮やかな色表現をつくりだしています。

補色や直接染料をつくりだすロレアルの日本の認知をもっと高める必要があります。

 

*友人が海外でヘアサロンを営業していて20年ぶりに、

日本で仕事を行いヘアカラーに補色が多く配合されていてビックリしていて、

純粋な色表現ができないことに困惑していました。

ちなみにアリミノも直接染料を使っていません。国内メーカーで純粋な酸化染料を使っています。

 


2.数々の特許をもっているロレアル


■オイルヘアカラー「イノア」酸化染料のグレージュなど

#オイルヘアカラー革命の「イノア」は深く濃いグロス革命、奥深い透明感と、

ダメージを感じさせない、触ればわかる触りたくなる、ツーンとしたアンモニア無配合。

オイルベースのデリバリーシステム。ロレアルだけのオリジナルなヘアカラー剤です。

 

ロレアルの商品開発能力は世界で有数の科学者が、研究を重ねヘアカラーなど独自のものをつくりだしています。

世界でも自社によって特許をつくり販売しているのは、ロレアルしかありませんね、

オリジナリティにあふれた商品つくりが魅力的です。