Warning: file_get_contents(https://www.hair-salon-wave.com/wps/wp-content/uploads/2019/02/logo.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/hairwave/hair-salon-wave.com/public_html/wps/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://www.hair-salon-wave.com/wps/wp-content/uploads/2019/02/logo.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/hairwave/hair-salon-wave.com/public_html/wps/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

大人の白髪を活かすヘアカラー

白髪を染める・活かす・陰陽効果をつけたヘアカラー術

1.パターン化しない白髪を活かすヘアカラー術  2.グレイカラーはスタイリストの提案とご自身のヘアセンス

多くの白髪の人は、白髪の割合を「染めるか」「染めないか」0-100の2択しか考えがちですが、

その0-100までその人にあった個性こそ豊かなアイデンティティを活かすことになる。

白髪の分量を活かし、今の自分より表現豊かにみせるデザインを、スタイリストと相談し豊かなライフスタイルを送る。

 

では、どうやってデザインを活かすかを考えてみましょう。

大人の白髪を活かすヘアカラー

目次

1.パターン化しない白髪を活かすヘアカラー術  

2.グレイカラーはスタイリストの提案とご自身のヘアセンス


1.パターン化しない白髪を活かすヘアカラー術  


■スタイリストの提案力とお客さまの意思がデザインを生み出す

グレイヘアを染めない、なにもしないだけではなく、自分にあった染め色や、染め方の選択肢を広げることが、

多様にあることを知っておくことが大切です。知ることを自覚できることは、

スタイリストがヘアカラーだけではなく、ウィビング・スライシング・バレイヤージュ・ホイルなど、

大人の白髪を活かすヘアカラー

どう、似合せれば引き出しが増える選択肢も選べるわけです。

 

大人世代のグレイヘアカラーを活かすスキル集

1.グレイヘアにスライシングを入れ、色と白髪のミックスを楽しむヘアカラー

 

2.白髪の多い部分をハイライト効果で明るめのアクセントを入れる

 

3.白髪ベースにダークブラウン・オレンジ・ブリーチ14レベルと、白髪いがいに3色を混ぜるヘアデザイン。

 

4.ベースカラーにウィビングを入れ、ハイライト効果を楽しむヘア

 

大人女性には年齢の積み重ねによる加齢に直面してきました。でも、それぞれにスタイリストのアドバイスと、

自分らしさを積み重ね、工夫して素敵に生かすこと。まずは、おしゃれに挑戦する心をもつこと。

パターン化しない白髪を活かすヘアカラー術  


2.グレイカラーはスタイリストの提案とご自身のヘアセンス


■グレイカラーを楽しむのもアリ

基本としてはスタイリストがスキルを勉強していて、ケミカルな知識と使いこなせることが大切です。

お客さまがファッションに貪欲でも、スタイリストのカラーテクニックの引き出しがないと、

提案力や染料の種類とヘアカラーのスペシャリスト的なスキルも必要です。

どのヘアサロンでもデザインカラーが可能というわけではなく、

お客さまがファッションに興味があり、楽しみたい人のヘアサロンでないと実現できません。

なによりも大切なことは、ご本人がありきたりの、グレイヘアで自分らしさを導きたい人であること。

大人の白髪を活かすヘアカラー

 

ヘアカラーはグレイカラーありきではなく、ヘアデザインがその人にあったいるか?

とても大切なポイントで、スタイリストがその人に似合ったデザイン力があることが、

ヘアスタイリストの基本で、グレイカラーも生きてきます。