イノア(オイルカラー)のメリットデメリット

オリジナル色の作りだすプロフェショナルな「イノア」オイルヘアカラー

1.仕上がり感の良さ奥深い透明感 2.グロスカラーグレージュー効果

イノアはオイル配合率が60%という革新的なヘアカラーで、

毛髪内部にシャボン玉のようなオイルに膜を張り、毛髪内部に染料や、ロレアルの特許のケア成分を、

毛髪内部に長い間浸透させる「オイルデリバリー方式」を採用。

 

通常のヘアカラー剤は水100%で作ることを考えると、まさに画期的でイノアの研究力の高さを証明しています。

一般的のヘアカラー作用は、アルカリ剤+アンモニア+過酸化水素で「化学重合」をおこし、

毛髪内のメラニンに働きかけ、明度と彩度を表現しますが、

 

イノアはシャボン玉の親油性が、毛髪内部の親水性に対して、水と油が水が油を避けようとします。

そのため、毛髪内部にオイル成分が深く浸透しやすくなる。

 

1.髪の深部まで浸透することで「髪の深い部分からの透明感」赤みや黄みを消す「ロレアル独自のグレージュー効果」

2.ロレアル独自の「オイルデリバリー方式」

2.快適なカラー体験「アンモニア無配合」

 

 

目次

1.仕上がり感の良さ奥深い透明感

2.グロスカラーグレージュー効果


1.仕上がり感の良さ奥深い透明感


■ロレアルのシャンプーのギシギシ感のなさ「しなやかさ」

【シャンプー後のしなやかさ】

国内のヘアカラーはコティ傘下のW社と、広告宣伝のうまいM社を使っていますが、

シャンプー後のしなやかさイノアが一番です。ロレアルは継続的に使えるヘアカラーとして商品開発を行っています。

世界でも商品開発費を1日2億円の開発費を行っています。研究力もフランス本国を始め、

 

国内にもカナガワに研究所もあり、研究開発力は世界で有数で、最大のメーカーです。

ロレアルプロフェショナルの「マイクルオイルコンプレックス」は、髪の内部や外部に保湿性を高めること、

イノアの他商品にも使わていますが、オイルイノアには効果もより大きい。

 

【オイルグロス効果】

ロレアルは赤みや、黄みを消す染料が独自の特許を持っています。

国内のメーカーもロレアルの染料には人目置いていて、グレージュー染料はロレアル独自で赤み・黄みを消し、

黒髪にあった染料おいてメリットです。

 

染料は各メーカー色を工夫してシュチュエーションにあった色が存在しますが、

スタンダード(8-10レベル)のグレイカラー・アルカリカラーには、染料の質の良さと黒髪に対しての色具合は、

イノアやアルーリアは計算しやすく色持ちが良い。

 


2.グロスカラーグレージュー効果


■黒髪と相性もよく色持ちが良い

ロレアルのヘアカラーの放置タイムは、35分と他のメーカー中でも放置長い、オイルデリバリー方式が関与している。

一般的には薬剤の放置時間が長いほど傷みやすくなるので、他メーカーは短くすることが考えですが、

オイルデリバリー方式やイノアのオイルカラーのシステムが、髪によい影響を与え、色持ちの良さ実現しています。

グレージューの色に強いのは、ロレアルならではで黒髪~灰色に発色させる。

染料の特許をもっているのも大きく、通常使うことの多い、5レベルの日本人の髪に、10レベル前後まで、

明度や彩度感を出す色は計算しやすく使いやすい。

 

【イノアのデメリット】

デメリットは少ないですが、色が少なく若いスタイリストなどは、

レシピがむずかしい点でしょうか?他のメーカーは単品で色も発色しやすいですが、

イノアの場合は、補色やクリア剤などミックスして色出しを出すようにできているので、

 

オリジナルな色出す楽しみはありますが、毛束で色出しを行った後に、お客さまの色出しを行うなどめんどうな部分があります。

色のメニューが少なく、色をミックスしながら色出しを行う点が、デメリットでしょうか?

スタイリストがヘア―カラーの面白さを覚える利点もあります。

 

スタイリストのイノアHPページこちら→