カットの基本レイヤーとグラーデション

復合型·前下がり`後ろ下がりのボブパターン集

1.前下がり·後ろ下がりのボブ 2.ラウンドとスクエアレイヤー

ボブヘアはパターン化されたスタイルに思われがちですが、

実はカットのレイヤーやグラデーションの基礎を覚えると、多くのバリエーションが増えお客さまも選択肢が増えますが、

美容師もパターン化した斜め横の重めのグラデーションでしか、引き出しがないことが多い。

【スクエアレイヤー】四角に切る

レイヤーひとつとっても「クビレ」ができる床に平行に引き出す···

【ラウンドレイヤー】頭の丸み切る

頭皮に対して90度に引き出すメンズカットにも多く、レディースのショートヘアからロングまで幅広い···

【ファワードシェープグラーデション】上の毛は長く下が短い段差が狭い

その段差が狭く下斜めに引き出し45度引く、広く基本のパターンとして知られる···

【バックシェープグラーデション】四角に切る

パネルを後ろに引き出すため前下がりのシルエットになる。

目次

1.クォリティーを高めるハイライトデザイン

2.髪がやわかく大きく富むカールウェーブが出てこない


1.前下がり·後ろ下がりのボブ


■前下がりバックシェープグラーデションと対象的なファワードグラーデション

【バックシェープグラーデション】とは、後ろに引き出し、後方から箱型にシェープするためBOXグラデーションとも言うことで知られる。

【ファワードシェープグラーデション】とは、字のごとくパネルを前方に引き出し、下斜めに45度に引き出し、前に引き出し後ろ下がりのグラーデションです。


2.ラウンドとスクエアレイヤー


■使い分けることで頭の修整が図れる

【ラウンドレイヤー】頭の丸みの沿って、頭の形と同じフォルムとなり、スタイルの完成度を高める。ボリューム調整と骨格修整するトレーニングの一貫として使われることがある。

【スクエアレイヤー】後頭部のぼんのクボにクビレができるのがポイントです。床と平行に引き出し四角に切ることです。