白髪染めを明るくするイチゴヘアカラー

2018.01.02

いろいろと調べましたが普通の白髪染めとは大差がない

A.色の彩度のバリエーションが少ない B.明るい8レベルに染まるヘアカラー剤

1剤が1割と2剤が5割なのでイチゴからと名がついた白髪染めです。アルカリ度が低く染料が多く配合されている。
アレルギーの原因であるジアミン酸の量も少なく、薬剤のツーンとした嫌なアルカリー臭も少ない。

1.色の鮮やかさやバリエーションが少ない

すべてのヘアカラー剤が全てに使えることはできないでしょう。イチゴカラーはメニューが少ないのは1剤と2剤の調合も関係していると思います。ブラウンにベージュが混ざったような日本人の誰でも似合う配色です。

微妙な色バランスを希望する人には向いていません。アルカリ度が少ないので毛触りや髪の質感はいいでしょうが、また、透明感やツヤ感も他メーカーのほうがいいと思います。

たとえば、イルミナ(白髪染め)は人工的ではありますが、ツヤや毛触りもよくヘアダメージも少ない。また、シャドウ(白髪ディーブブースターとしても使える)やグレー色に染めるので染まりずらい人でもしっかり染まります。
ミルボンのオルディーブはくすみ感のある色彩はダントツです。ツヤもあって高明度&高彩度があって白髪も均一に染まります。

2..明るい8レベルに染まるヘアカラー剤

頭皮はアルカリに弱く酸性に強いとされています。イチゴヘアカラーはそんな部分もうまく考えて作られています。

アルカリが少ない部分である毛髪内の分解力を、過酸化水素によってカバーしているわけです。色のレベルである脱色力により補い、染料も多く配合されているので明るく染まるわけです。

反面アルカリ度が低いのでヘアカラーのメニューも少ないのはそこに理由があるようです。

 

 

 

 

 

 

オルディーブとコレストンの白髪染め特色

2017.12.02

ミルボンはくすみ感、ウエラは彩度とツヤ感

A.ミルボン白髪染めは年代別や髪の状態を考えれています B.鮮やかさとツヤの特化しているウエラ

オルディーブは日本人の髪質や年代によって細かくヘアカラー剤を作っています。
ウエラは鮮やかさやバリエーションやプロがミックスしてオリジナルヘアカラーが特色です。
それぞれ髪の状態や髪質によって選ぶことでお客さまにピッタリのヘアカラー剤を選択が可能です。

*ヘアサロンウェーブはウエラ・ミルボンから髪質や年代や明るさで選んでいます

1.ミルボン白髪染めは年代別や髪の状態を考えれています

ボーテは時代背景でいうとHanakoo世代(53~58歳)上品にしっかり染め上げる。
クリスタルは団塊ジュニア世代(41~46歳)の現役子育て真っ最中の人に。
色分けとしてHanakooジュニア世代がオルディーブのおしゃれ染めと位置づけています。

ボーテの2剤は6%と3%とで髪のダメージを考え過酸化水素の濃度が低い、
つややかにしっかり染め上げるような、グレイヘアカラーです。

クリスタルの2剤は6%と4.5%とで明るくキーポイントで、4.5でボーテに比べ高いのは明るく染め上げる、
年代も考慮されレベルも高めのグレイヘアカラーです。

髪のダメージも考え低アルカリのタイプもあり、髪の既存部に塗布しダメージを少ないない。
つややかさとくすみ感がポイントのオルディーブグレイヘアカラーのラインナップです。

2.鮮やかさとツヤの特化しているウエラ

Pure Control(ピュア)・Deep(ディープ)・Brown(ブラウン)とわかれています。
ピュアは鮮やかなつやがプラスされ7:3の割合で調合しピュアは2~3割ミックスします。
髪質や彩度の好みで調整することも可能です。

ディーブはすべての年代から髪質に対応できるグレイヘアカラーです。
ブラウンは明るい発色などを希望する人に適してタイプ。
ディーブやブラウンにピュアをミックスし色と彩度を調整できるウエラコレストンです。

1 2 3
マンスリークーポン
ネット予約