メンズヘアのカットで失敗しない方法

2015.09.24

ハサミの入れか方や残す部分をハッキリ分ける

メンズヘアの場合何点かソギを入れる部位や残す部位があります。
スッキリする部位とあり理解することが大切になります。

カット前でもソギを入れてからハサミを入れるなど、
自然なメンズラインを出すことが重要です。

かっこよくカットするためにも横にハサミを入れないようにします。

メンズソギバサミ画像

目次

01.ソギを全体に始めにカットする

02.残して良い部位残さない部位

03.メンズカットをかっこよくするポイント

04.まとめ


ソギを全体に始めにカットする


メンズの切り口は柔らかい質感が大切です。
髪が硬くシャープなカタチですと古臭いラインに。

えり足や耳回りトップ部分は切り口は毛先の軽さがポイントになります。
ショートで短い場合はハサミでカットする前に、中間から毛先にソギを入れるて下さい。

バランスがとりやすく毛先のラインも柔らかに仕上がります。
あまりソギを入れすぎない、メンズのワイルド感は残すようにします。

メンズヘアスタイル

残して良い部位残さない部位


残して良い部位

レディスでもそうですがこめかみ部分はすこし斜めにカット。
メンズは髪が薄い人も多く額を見せたくないわけです。

長めにすることにより髪を多くみせる。
レディスは額ジワや白髪を見せないように長さを残します。

ショートヘアスタイルが多いメンズは、
フロント部分はデザインの動きのポイントになるので、

短くするとシルエットが崩れます。

残さない部位

耳回りはスッキリ重さは残さないようにカットします。
耳回りは髪の毛があたってあまり気持ちが良いものではありません。

カットの周期も短くなりコスト的にマイナスです。

メンズヘアスタイル画像

メンズカットをかっこよくするポイント


トップのつむじの前あたりは毛先と中間にソギを入れる。
前からみて毛先に軽い動きが出て印象がよくなります。

チップカット(ギザギザのライン)して不揃な感じを出します。
ハサミも横でカット入れるのではなく、縦ラインでハサミを入れるようにします。

顔回りや襟足やサイドなどもチップカットで縦にハサミを入れます。
プラスソギの軽さで柔らかさと強さを表現します。

メンズヘアスタイル画像

まとめ


ショートヘアが多いメンズは硬い古臭い感じに、
やわらかい印象になるよう工夫しましょう。

ただソギを入れすぎたり軽くしすぎには気をつけてください。
男ぽさが損なわれるカットはカタチは避けてください。

シルエットも丸い感じよりもスクウエアなカタチを意識してください。
毛先はやわらかくこの点を気をつければ失敗しないメンズヘアの完成です。

 

流山市にある美容室はヘアサロンウェーブはブログで美容情報を更新しています。
TX流山セントラルパーク駅1です。

マンスリークーポン
ネット予約