大人世代のカールウェーブヘアスタイル

2019.02.11

パーマのヘアデザインは毛髪の状態以外は年代の差がなくなっている

1.ヘアデザインを主体にパーマデザインを考える 2.毛髪診断さえ適切に行うことで年代の差が少ない

20代と50代いこうのヘアスタイルの差は少なくなっています。とくに気をつける点は毛髪診断です。
ミディアムやセミロングヘアでも20mm以上の、ロッドでつくるカールデザインも好む大人世代の人も多い。
1カ月半くらいでとれてしまいますが、カールヘアを希望する人はデザインを希望する。

大人世代の髪質だけを考えると、ボリューム、パーマの持続性、ブローやヘアセットの仕上げを考えウェーブを希望しますが、
この10年くらいで20代と同じパーマを希望する人も多いようです。
今日は大人世代のパーマのことについてまとめてみました。

1.ヘアデザインを主体にパーマデザインを考える

大人世代の人のパーマのクレームの中で、ウェーブが強すぎてしまいヘアサロンを変える人をよく聞きます。
もちろんすぐパーマがとれてしまいクレームする人も少なくもありませんが、
ヘアデザインを主に考える人は手入れを考え、やわらかめな質感であるカール感を希望するようです。

パーマ:上の画像の大人世代のパーマは20mmロッドを3回転巻いたヘアデザインです。
顔回りはシャーギータッチにし、カールの方向は内巻にかけて20mmロッドを巻いたヘアスタイルです。
20代の女性が好むカールヘアですね。

技術:カットする前は段の入っていないワンレングスのボブヘアでした。1年くらいカットはしていないそうです。
そのまま伸びた状態でした。オーバーはセイムレイヤーを入れ、中間から毛先に削ぎを均一に入れ、
ボリュームを調整しバランスを整えます。

スタイリング:洗い流さないトリートメントをつけ、手のひらにロール状に包み込みながら温風と冷風でカールを作るます。
最後はワックスやムースで整えます。

2.毛髪診断さえ適切に行うことで年代の差が少ない

20代と50代のヘアスタイルについての大きなちがいはありません。
一般的に髪が細くなってコシがない大人世代は、カットの長短でボリュームが出るようカットしたり、
前髪を短くカットし、こめかみ部位はすこし長さを残します。(骨が出て顔の皮膚も下がるのを隠すため)

年をとれば重力の関係上どうしても顔にたるみシワを隠すようにします。
基本ベース(レイヤー・グラデション)にスタイルを作る点には、20代でも大きなちがいはありません。
スタイリストも年代による微妙なニュアンスのちがいこそあれ、ヘアスタイル作りには大きなちがいがありません

コメント

スタイリストよりもお客さまの美的感覚がすすんでいる様子が見られるので、
スタイリストが街角に出てヘアスタイルの傾向や、ヨーロッパやアメリカのモード雑誌でトレンドを知ることが大切です。
常にヘアスタイルは毎年すこしずつ変わってきています。

2018年のヘアはワンレングスやボブが主流でしたが、2019年にはつながりのあるカットが出てきています。
ヘアのカタチを表現するカットや削ぎシザーでバランスをとるテクニックが、
スタイルを作る提案力に差が出てきます。メーカーやディラーのヘアセミナーなども積極的に参加しましょう。

ガモウヘアセミナーこちら⇒

 

 

白髪染めと明るさについて

2016.11.17

染まらない明るい白髪染め

白髪染めしたのに染まらないなんてことよくありますね!
これには理由があって明るさと毛髪が関係しています。

白髪染めは一般的に8レベル以上は染まらないのが普通ですが、
お客さまの白髪の量が少ない場合は、8-9ト‐ンで白髪が目立たない程度に染まります。
逆に白髪の多い人は7レベルでも染まりません。

お客さまのタイプや毛髪によっての染め方や薬剤選びを考えましょう。

白髪染めと明るさについて画像

目次

1.お客さまの希望(毛髪と白髪染めのタイプ)をよく聞き説明する

2.まとめ


お客さまの希望(毛髪と白髪染めのタイプ)をよく聞き説明する


毛髪と白髪染めのタイプ

冒頭で説明した通リ白髪染めといってもたくさんの薬剤があって、
お客さま個々にあった薬剤や染め方が大切です。

1.白髪をしっかり染めたい

白髪がミドルからヘビーにある場合は6レベルの薬剤を選択します。
量もフライ(少ない)の方に比べ20%-30%以上の塗布量が必要です。

白髪の多い方は硬く太い髪質が多いのでキューティクルが厚く、
薬剤の浸透も悪いので多めに使用して下さい。

2.白髪が少ないので明るくしたい

30-40代くらいの多い白髪がフライ(少ない)ので明るめが可能です。
しかもおしゃれ染のようにツヤや、透明感のある彩度が表現できます。

サロン専売品(美容室)で施術する白髪染めはこのタイプのヘアカラー剤が多く発売され、
美容室でもクリア感を重要視するものが主流になっています。

3.白髪も染めたいけどダメージを気になる方

酸性カラーやマニキュアなどもこのタイプに属しますが、
現在はオーガニックやイルミナなど酸化染料もダメージを考えて作られています。

過酸化水素は6%であってもその中に入っているものが、
髪にトリートメント作用を促すものが内容成分に多く、

髪の損傷をすこしでも和らげるものも多く発売されています。

白髪染めのタイプ画像

まとめ


白髪染め一つとってもタイプがあって自分はどのタイプが合うのか迷いますね。
続きはいかに美容師に白髪染めを伝える方法を考えてみましょう。

流山市にあるヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

1 2 3 4 5 18
マンスリークーポン
ネット予約