守谷は不動産のメディアで住み心地が評判です

2015.05.10

地価も安くて物価もやすく都心に近い

『東洋経済「住みよさランキング」の2013住みやすさランキング』

茨城県の南に位置する守谷・土浦・つくばはいわゆる、
TX効果で都心からのアクセスが近く総合で全国で3位の実績。

土地も広い区画が可能で都心から近いわりに求めやすい価格帯です。
地場野菜が多く新鮮で価格も安く、日本でも第2位の生産力があります。

土浦からつくばにかけては農産物も含め、
温泉や自然が満喫できる場所でもあります。

守谷・土浦・つくばにわけてまとめてみました。
東洋経済こちら➡


目次

1.守谷地区の利便性と全国評価

2.土浦方面の住み心地の良さ

3.つくば周辺の発展性

4.まとめ


守谷地区の利便性と全国評価


快適度が3位、富裕度が38位と全国でトップクラスにランクイン!
東京から通勤率は20%となり、人口当たりの消費販売が額が3の指針を採用し、

利便性が9位と大きくランキングをあげた。
街にスーパーも広く大型施設やアウトレットなどもあり、

買い物などの利便性も高い、一世帯当たりの土地も広く、
車を2台も駐車が可能なスペースが得られる。

近くには温泉施設『きぬの湯』などもあります。『源泉かけ流し』

きぬの湯 画像
きぬの湯 画像

HPはこちら➡


土浦方面の住み心地の良さ


都心から田舎暮らしには最適な場所です。
土地価格が坪あたりの価格が3万円-5万円(石岡市八郷)くらいからあります。

つくば連山から見下ろす大自然は満喫できます。
常磐道をつかえば1時間以内と利便性も高いです。

農産物も豊富で温泉施設も充実しています。
石岡市八郷にある『ゆりの郷』の温泉はもちろん、四季おりおりの自然を楽しめ、

中に併設されている物産館にある農産物などを取り揃えています。
特に柿やイチゴなどは全国で有名で、天皇の献上品など秀たるものが豊富です。

ゆりの郷物産館 画像
ゆりの郷 画像

ゆりの郷HPはこちら➡


つくば周辺の発展性


つくば学園都市は、二つの目的により建設された。
一つは科学技術の発展と高等教育の充実の時代要請をこたえたものです。

東京周辺で国から委託された、農業や産業などの研究機関を親切心し、
高水準の研究と教育の発展を考え設立されました。

民間の教育期間も近隣に新設されたいわゆる学園都市としての環境を整備する。
もう一つは人口密集のための過密対策として建設されました。

日本の科学の試験研究期間や教育機関を移転することで、
人口の過密集中を分散させることが目的です。

つくば学園都市駅周辺 画像

まとめ

茨城県が住みやすさが数値のうえではよい場所であることは理解できましたか?
もちろん一番という表現はいいすぎかもしれませんが、

全国でもイメージが悪いワーストにでてきますが、
茨城の南以外でも北茨城の日立なども海や自然にかこまれた良い土地です。

歴史も水戸をはじめ歴史のある文化的な街でもあります。
私は千葉県ですが茨城の土地は好感をもっています。

流山にある美容室ヘアサロンウェーブです。
場所はTX流山セントラルパーク駅1分にございます。

マンスリークーポン
ネット予約