パン&パケットサンドの好きな食べ方

2016.05.23

パン好きにはたまらない食材をプラス

シンプルに以外な食材と組み合わせることで、
クセになりそうな食感や味覚が楽しめます。

おいしさが際立つ食べ方やレシピを公開します。
メディアなどから情報あつめ真似したくなるようなものばかり!

目次

1.大家族で楽しめるバッケットサンド

2.やわらかな動きと質感を与えるテクニックヘアカラー

3.和風な納豆&じゅこを組み合わせてサンド

4.厚切りのナチュラルさとバターの香りのトースト

5.まとめ


大家族で楽しめるバッケットサンド


ごちそうサンドイッチ

バケットを横にスライスし、ゆで卵やハーブをはさんで、
粒マスタードとシーズ二ングソルトを効かせた、

ごちそうサンドイッチ「たいていパンを丸ごと使い切って使い分けします」。
家族分にわけて、キャンプやお弁当など家族で手っ取り早く、

大胆にできるので、バターをのせて溶けるまで焼くのがおいしくするコツ。

バッケットサンド画像


厚切りコンビーフ&生の玉ねぎ


母の味のなつかしさが感じるパン

子供のころに母が作ってくれたなつかしいコンピーフサンドです。
厚さのあるコンビーフと生のためねぎの相性がシンプル。

ピリカラシの効いたアクセントをいれた大人の味にもグット。
ワインと一緒にも合う。

トースト画像

和風な納豆&じゅこを組み合わせてサンド


昔風の和風サンド

日本人にあう組み合わせのサンドイッチです。
フランス産の手作り発酵バター「ボルディエ」の海藻入り。

「忙しい朝トーストに、海藻・じゃこ・納豆をのせて頂く」。
ボリュームもあり元気がでそう。

食パンも昔風の密度のある生地がおいしい。

サンドイッチ画像

厚切りのナチュラルさとバターの香りのトースト


カリカリのバターを炙ったパン

寒い時期や歯ごたえのある厚切りのトーストを食べると、
疲れが吹き飛び元気がでてきます。

ニンニクをこすり、オリーブオイルをたっぷりかけていただきます。
オリーブオイルはオイルはイタリア産の上質なものを、

トースト画像

バナナとキュウリのサンド


フルーツサラダのサンド

バナナとキュウリをスライスし、キュウリを軽く塩もみ。
これにこしょうとマヨネーズで和え、トーストでバターを塗った「イギリスパン」でサンドイッチ。

マヨネーズがほどよいまとめ役となり、
爽やかな味わい。「隠し味はバター。ほのかな香りやジュワッとくる食感が美味です。

524

厚切りトーストバター


定番が一番

「厚切りトーストバターだけをのせて食べるの好き」。
食パンは山崎のスーパーソフトで耳までかじられる食感で、

小麦の甘味とカリっとしたハーモニーが広がる。
「食べるのは4枚切りが食べこだえなどいいですが、
5枚切りにおさえています」

食パンの王道です。バターを塗って食べるのはサイコーです。

厚切りトーストバター画像

厳選されたオリーブオイルをひたし


オリーブの良さを引き立てる

爽やかな風味が魅力の、小豆島『イズライフ』の(グリーンレモンオリーブ)に、
パンをひたすのがお気に入り。

レモンの香りを楽しむために、シンプルな食事パンで。
水分多めのモチモチしたパンのほうが、オイルによくしみ込みます。

厳選されたオリーブオイルをひたし画像

少年時代の甘い香りの風味


パンと砂糖のトースト

「カロリーを計算しなくてもよい日がきたら、
食べて方」として挙げた食べ方。

昭和のまだ食べ物が不足した時の・・・
おいしい食パンをバターを塗り、

砂糖をかける。
昭和30年年代生まれなら一度は食べたことがあるはずです。

トーストとジャムもおいいしいですが、
砂糖というところに”昭和感”が感じられ、
懐かしさを感じます。

パンと砂糖のトースト画像

まとめ


パン好きにはたまらない夢のような作り方食べ方です。
いろんな野菜や肉を組みあわせ、素地のパンやオリーブオイルを使ったレシピです。

今回は前半ですが後半も愉しみにして下さい。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで最新情報をブログで更新します。

マンスリークーポン
ネット予約