ルフォール カール S1 ルベル

2016.12.17

ヘアカラーの退色を防ぎカール力アップ

4種類の還元剤をミックスしたルベルの自信作。
チオグリコール酸・チオグリセリン・チオ乳酸・システィンを配合。

ルフォール カール S1 ルベル画像

下処理にはルフォールカールとコアリペアでヘアバランスを整え、
髪の結合をしやすい状態のいわゆる「ゆるめる状態」に下処理(ベースを整え)し、

薬剤の還元力をゆるやかに浸透させることにより、
ダメージを迎えリッジの効いた持続性の高いカール力を与えます。

目次

1.ルフォール カール S1 3タイプ

2.ケミカルシャワー(中間リンス)

3.まとめ


ルフォール カール S1 h1 f1 3タイプ


カーリングタイプの薬剤

1.髪に馴染みがよく浸透性が高い
2.カール力が高く持続性アップ

●ルフォール カールs1

ハイダメージ毛の方に向いているカーリング剤

●ルフォール カールh1

硬い・普通毛に向いているカーリング剤

●ルフォール カールf1

軟毛・ダメージ毛に向いているカーリング剤

ルフォール カール S1 3タイプ画像

ケミカルシャワー(中間リンス)


嫌な臭いをシャットダウン

1.ダメージと臭いを元を分解する
2.リッジのカールをアップし持続性がアップします。

ケミカルシャワー(中間リンス)画像

還元作用をストップし酸化作用をの手助けをするポイントのケミカルシャワー。
まんべんなく浸透させ3分置く。


まとめ


パーマ剤の変化がカーリング剤が売れ筋になっていますね!
チオグリコール酸やシスティンを単品で使うケースが少なくなっています。

ダメージレスを気にする人が増えてきていることもあって、
各メーカはコールドパーマの還元剤をカーリング剤に焦点をあてています。

流山市にあるヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約