メンズパーマを上手にかける方法

2017.02.04

3つのヘアアプローチ

メンズパーマにはやわかい毛硬い毛と髪質によってアプローチが変わったきますね、
ショートヘアが多いのでハチ張やぜっぺきといった、骨格の悩みを解消できる。

ボリュームに必要な部分と不溶な部分で巻き方を変えたり、
やわらかい毛髪には根本からボリューム出したり、パーマのテクニックをご紹介。

目次

1.直毛で動きを出すパーマに

2.スタイリング方法

4.まとめ


直毛で動きを出すパーマに


【BEFORE】

直毛で動きが出にくい髪質。毛量は多く、太さ、硬さはふつう。
ハチ張りぜっぺき気味で、平面的なフォームになりがち。

【AFTERA】

硬い髪の反動力を利用して、スパイラルやねじりピンパーマで、
頭の部位によって逆巻きウイービングなど使い、フォールムの締めや動きをつけこなれ感を!

【フロントやトップはツイスト】

フロントやトップは9ミリでツイストピンパーマで強すぎずカールを狙う。 このときスライスは厚めに巻くことで程よい立ち上がりが出る。

【バックミドル】

バックミドル(ダウンステム)はウイービング状に取り、逆巻で無造作感とカール感の融合を、
内側の毛束を取って、外側を表面外に出します。

【バックサイド・サイド】

バックサイドと同様に(ダウンステム)、互い違いでに毛束をすくって逆巻にする。
毛が細いこめかみ部位は外す。

メンズ画像

 


スタイリング方法


【ウェット時】

ウェット状態で、やわらかい質感のムースやアウトバスを使用し、
トップから毛束を持ち上げ、サイドに流しながすようにつける。

*スタイリング剤のポイントは手の平につけ髪全体に塗布します。

【スプレー仕上げ】

全体のムーブが出来上がった時点で、ドライ後に毛先やトップなどに、
指でつまんで動きを出して完成です


まとめ


メンズパーマもレディースと同様に毛髪診断がカギをにぎります。
髪質にあわせてパーマテクニックを使いましょう。

明日から第二弾から第三弾までご紹介します。

マンスリークーポン
ネット予約