失敗しないためのパーマ方法

2017.02.18

「なぜ、失敗するのか」
パーマにおいて失敗する全てが美容師側の責任ではありませが、
6-7割に美容師の確認ミスや施術ミスが絡んでいるようです。
毛髪診断、薬剤選定、施術中などどこかでミスをおかすことで思ったような、
パーマの質感は得られません。

パーマ画像

「毛髪診断」
髪の太い人、髪のやわらかい人、撥水性の人、脂性の人、
など多種多様なタイプを見極めることが大切な判断になってきます。

「薬剤選定」
髪に負担の軽くしっかりパーマのかかるコスメ系の薬剤で使い分けを行います。
従来のチオグリコール酸やシステインも使うケースもありますが、
現在の主流はコスメ系のハードやソフトをことが多いようです。

パーマ画像 

施術中のミス
カットは削ぎバサミが甘い場合など、髪のボリュームが出すぎたり、
パーマがかからない原因になります。パーマ時に根本から毛先まで十分に水分を含ませているかが重要になってきます。
その他には、薬剤塗布・中間リンスなどにおいてのクリープ処理です。

毛髪の知識などの美容師の力量がカギをにぎる
一般的にセンスで思ってようにかけられ美容師は少なく、ほとんどがお金を払って講習会に参加したり、
薬剤メーカーなに参加して知識をつけているようです。最近ではヘアケアマイスターの資格をとってパーマを磨きます。

失敗しないためのパーマ方法画像

マンスリークーポン
ネット予約