大人のグレイヘアカラーメンズ編

2017.02.20

大人のヘアカラー事情

大人の男性へのグレイカラー施術では、
増えてきた白髪をどうやって生かすかがポイントになります。

白髪を自然に仕上げカラーテクニックをまとめてみました。

大人のグレイヘアカラーメンズ編画像

目次

1.大人男性へのカラー提案

2.まとめ


大人男性へのカラー提案


大人男性にウケるヘアカラーとは

大人の男性へのグレイカラーは固定観念で現状を好まない人が多い。
「大幅に変わらない」「いつもとちがう」「きちんと手入れができる」といった印象を良くする良い。

白髪があってもナチュラルな感じに仕上げるのがポイント。

白髪をカバーする
グレイカラー施術においては、白髪を「カバーする」、「生かす」のいずれかを使う。
ローライトや明るいカラーや色味をプラスしておしゃれな印象を表現しましょう。

白髪を生かす(部分的に異なる白髪をコントロールする)
白髪の量が均一に見せることがナチュラルで美しい。
部分的に施術することで、白髪の量がそろえて見せるテクニックです。

●部分的に施術
白髪の量をコントロールする。白髪の多い生え際や顔回りから、
少ないバックのバランスを均一に塗布する

●時間差で塗布
白髪の多い部分は先に塗布し、フロントやバックよりも長めにとる。
この時間差をつけるのがポイントです。

●ムラを付けナチュラル感を生かす
フロントやトップなどは白髪の量が混在している、白髪が多い部分と少ない部分に、
ボカシを入れることで均一化を図り、ナチュラルに仕上げるよう施術する。

白髪をカバーする
ホイルワーク施術で動きを際立たせることで、全体に陰陽をつけ動きとコントラストをつける。
白髪をぼかすし時間差をつけることがポイントになります

●陰陽を付けて動きをプラス
白髪が多くある部分とローライトを交互に入れ、あえて白髪も残し陰陽をつける。
ハイライト効果(白髪)があることで毛流れと動きを出します。

●コントラストをやわらげる
白髪と地毛の差をつけずにコントラストをつけることが肝心です。
白髪はクリア剤でツヤを与え、淡いグレーを全体にかけ色の強弱を柔らかくみせる。

●時間差と強弱をつける
ローライトもベースも同系色をチョィスし、放置時間に差ををつけることでナチュラル感を出す。


まとめ


同系色のべた塗りではなく、ローライト・白髪・時間差などつけて自然にみせることがポイントです。
それにはウィービングやローライトやハイライトなどテクニックを使う。

塗布する時間に差をつけることでコントラストについてカラーが表現できます。

マンスリークーポン
ネット予約