美容室でお客さまが気にする本音

2017.03.04

「細かなことが失客する原因」
シャンプー時に指先がひっかかる、シャンプー椅子から髪の毛が落ちていた、
いうゆる「雑な扱いを受けた」人としてていねいなおもてなしが必要です。
お客さま癒しを美容室に求めているのに、お店側のスタッフの教育態度が表れることが失客の原因です。

細かなことが失客する原因画像

「接客面でのミス」
お客さまのを理解することが大切ですね。美容師さんは「私のこと」わかってくれる!話は最低限にしてほしい、繊細な私をわかってほしい、自然なデザインに仕上げてほしいなど、カウンセリングの段階でお客さまのご要望を聞き理解する必要があります。
希望のヘアデザインを叶えること、心地良い気持ちにんるような接客がポイントです。
また、接客と技術は連動しているので、技術に大きく影響します。
ヒヤリングでの段階でお客さまの求めているヘアデザインなどを知ることで、
信頼を勝ちとることのつながります。
カウンセリング画像

 

「心を開いてこそ良きヘアデザインを提案できる」
お客さまが失客する理由は美容室だけにかぎらず、全ての業種に通じることです。お客さまと些細なことを逃さず言動や様子に注意をはらう必要があります。

心を開いてこそ良きヘアデザインを提案できる画像

「内容が問われる美容室
この20年は人口は急激に減ってくることはないですが、出生率が高い沖縄の1.94除いては都市部を筆頭に減り続けているようです。技術が良くて当たり前で、接客の良い内容の良い、美容室が生き残ると思われます。

カットの削ぎを入れて発色を良くする画像

マンスリークーポン
ネット予約