ホーユープロマスターアプリエの使用方法

2017.04.13

良く使用するアプリエメニューはLA・BAです

メニューもアプリエでも使う色はアッシュのLAとブルーのBAです。
単色で使うのも、良しハイライトでも、新しいジャンルのヘアカラー剤とし使えます。

調合は1剤10gで2剤は2倍で3剤が10%なります。
*3剤ブリーチが多いと薬剤が柔らかくなるので、、塗布しずらくなるので分量は10%基本です。

目次

1.早い・コスト安・ダメージを迎えるアプリエ

2.ハイライトとして使うと一層効果的です。

3.まとめ


早い・コスト安・ダメージを迎えるアプリエ


プロマスターアプリエは11レベル以上15レベルまで明るさが可能です。
いままでにない3剤式でとっても使いやすい。

色の明るさも上がりやすく、ブリーチのような脱色が止まらない、
退色しずぎて失敗することはないようです。

従来のように脱色してから希望のトーンに染める必要がなく、
一度の施術で希望の彩度と明るさが可能です。

鮮やかさもキレイで普通のメーカですと、ハイトーンほど色味が薄くなりますが、
アプリエの場合は11以上のハイトーンのうえに鮮やかさもあります。

実際他メーカーに比べても彩度(鮮やかな)があがるよう成分に入っています。
ただし、デメリットもあって脱染め剤には向いていません。

黒染めでアプリエを使っても色のダウンは見込めません。

 

ホーユープロマスターアプリエ画像

 

 


ハイライトとして使うと一層効果的です。


染めることに興味のない人や髪が傷むの嫌でヘアカラーしない人。
いつもハイライトをしている人でもpkです。

通常ハイライトはブリーチ剤を使用することが多く、
彩度まで入れているタイプありませんでした。

アプリエの場合は一工程4-5枚で、時間も短時間できて価格もリーズナブル。
お財布にやさしい新メニューとして開拓できます。

ハイライトとして明るさと鮮やかさを楽しむことができます。

ホーユープロマスターアプリエ画像

 


まとめ


アプリエのよいところはハイトーンなのに彩度も入れられ、
しかも短時間でコストも迎られる点です。

あ”そうそう”臭いのツーンとした刺激臭もないのもいいですね!
新たなジャンルに新しい開拓ができるようです。

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約