ホットペッパービューティーの賢い使い方

2017.04.15

美容室の売上に大きく貢献

ホットペッパービューティーの美容室の売上の割合は大きくなっています。、
毎月の契約額が大きい美容室では、経営のかかわるほどおおきなものです。

格安店や出店のままらならない美容室では命綱的な存在です。
そんな、お客さまからも定着しているホットペッパービューティーですが、

ホットペッパービューティーの賢い使い方をご紹介します。。

目次

1.ヘアサロンがお得意のメニューを絞って予約する

2.リスクも考えてホットペッパービューティーを利用

3.まとめ


ヘアサロンがお得意のメニューを絞って予約する


美容室によって得意としているメニューがあります。
格安店はコストパフォーマンス、ヘアセットではメインに紹介、ブランドサロンは知名度、

地域のサロンはホームページサイトでみて判断。
どちらのサロンも一長一短あるので、プラスマイナスを考えて美容室を選びましょう。

ただ、メニューによっては行きつけの美容室に行ってください。

ご自分のクセや髪の状態が美容師さんがわかっている場合はいきつけの美容室が良いでしょう。
縮毛矯正やパーマなど毛髪診断や履歴を理解しているサロンで行ったほうがいいでしょう。

ホットペッパービューティーの賢い使い方

 

 


リスクも考えてホットペッパービューティーを利用


期待感をもって美容室にご予約をくださるお客さまですが、
過度な期待はもたないほうが良いかと思います。

ほとんどのお客さまは満足できるレベルに、
相性や自分のことを理解する美容師さんにあたる幸運な場合もあります。

ただし、良い場合でないこともあるので想定をして利用するようにしましょう。

美容師も気に入ってヘアを提案し、最善の努力を尽くしても、
初めてご来店して良い結果がでるとは限らないからです。

行きつけであれば毛髪のことやお客さまのこと履歴が残っているので、
ヘアカラーやパーマなどリスクがなくなります。

十分にリスク考えてうえで利用すれば想定内であればショックも小さくてすみます。

ホットペッパービューティーの賢い使い方画像


ヘアサロンのお客さまの層もわかる


クーポンの作り方やメインのメニューで美容室のスタイルがわかる。
お子さん連れもOKや、ヘアカラーメニュー枠が多い、割引を一切しないなどetc。

サロンのこだわりが見えてきます。自分がすすめるのは学生以外は一切割引がない美容室です。
ヘアデザインや技術がこだわりと考えているからです。

クーポンで特典をうけるのが魅力ですが、
だからといって本質である内容がともなってこそです。

ヘアカラー画像


まとめ


美容検索サイトをうまく利用して使えばお客さまにもメリットがありますが、
価格もクーポンを使えばリーズナブルです。

反面どうしてもデメリットに部分も出てきますので、
そんな面を考えてうえでご利用することをおすすめします。

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約