ホーユー ウエラ ミルボンハイヘアカラ―

2017.04.16

高彩度高明度のメーカーを検証

ブラウンの一色をとってもメーカーによって特色があります。
ウエラは鮮やかさ、ミルボンは日本人にあって色彩、ホーユーの安定性など。

髪質やトーンレベルの要望や好みでメーカーを選択します。
たくさんのメーカーを知ることで好みにあった配色や発色をすることができます。

ホーユー ウエラ ミルボンハイヘアカラ―

目次

1.ウエラの鮮やかさとメニューの多さと豊富さ

2.ミルボンの日本人にあった発色は優秀

3.ホーユーはセルフ市場とサロンカラーを活かしています

4.まとめ


ウエラの鮮やかさとメニューの多さと豊富さ


プロフェッショナルカラーとは自分で配色を考えお客さまに提案することを意味します。

ヘアカラー剤1本で全て対応できないのがヘアカラーの世界です。
鮮やかさが特色であるウエラコレストンですが、色が強いのでマイナスに作用することあります。

調整をするには色の補色を組み合わせてプラスに変化することが可能です。

カラーコントロールなどを使い、髪質や要望にあった色を表現するのがウエラコレストンの魅力の1つです。
種類もウエラコレストンを始めソフタッチ・イルミナ・カラーコントロールと多くのカラー剤があります。

ホーユー ウエラ ミルボンハイヘアカラ―画像


ミルボンの日本人にあった発色は優秀


ミルボンは日本人に合わせた発色が特筆すべきものです。
過度の彩度ではなくややくすみのある色に仕上げています。

サロンで人気のある配色はヘルシーシナモンとイノセントアイスブルーです。
黒い髪で赤メラニンが多い人に向いています。ぜひ、使って見てください。

赤メラニンの多い髪の多い人や固い人にも、
透明感があって色味を表現してくれます。

ホーユー ウエラ ミルボンハイヘアカラ―

 

 


ホーユーはセルフ市場とサロンカラーを活かしています


ホーユーさんはセルフカラーも強いせいか、サロンカラーも他2メーカーよりも、
価格も安いラインアップを取り揃えています。

価格が手頃なせいか人気が高い商品で安定して使いやすい。
最近出てハイトーンカラー「透明感」のアプリエの人気が高いです。

12トーンから15トーンまでブリーチ作業をしないで1回で、
希望の配色が得られます。(業界初の三剤式です)

 


まとめ


各メーカーの強い部分と弱い部分のバランスを考え、
商品を使い分けると幅の広いヘアカラースキルが身につきます。

今回ご紹介した3大メーカはいまのカラートレンドにあっている商品です。

 

マンスリークーポン
ネット予約