髪のダメージの原因と修復

2017.05.13

髪を修復はパーマやカラーは健康毛から

A.ダメージの原因.B.修復方法(ダメージを少なく)
髪のダメージとヘアスタイル密接な関係があります。
パーマがかからなかったり、すぐとれてしまったりします。
ヘアカラーも同様で褐色や染まらないなど思わぬことを引き起こします。
こういうケースは誰にでもおこるのですが、プロが適切な対処をすることが大切です。

ホーユーの(前処理)レセソーダベイスメイク

レセソーダメイク ホーユ

①毛髪がダメージに起こされる原因
「化学的・外部的・紫外線などさまざま」
ダメージで困ることは美容師でもダメージの原因を見極めらないことがあることです。
ダメージが原因でパーマやヘアカラーで希望通リにならないからです。
化学的なことが原因
パーマ履歴が繰り返し行われた場合やホット系パーマやストレートなどのタンパク変性。
タンパク変性とは「熱」にキューティクルを破壊し毛髪が硬くなることくをいいます。
ヘアカラーによるダメージは特に明るいカラーや脱色などキューティクルを破壊し、
毛皮質(髪の内部のごはん部分)が流出し起こるトラブルなどです。外部的なことが原因
外部的なことが原因
シャンプーなどで爪などでキューティクルを傷めた場合や、シャンプー後ドライなしで濡れたままの状態や、
ブラシやコームなどでキューティクルを傷つけて内部のたんぱく質が流出する。
紫外線が原因
紫外線によって褐色やキューティクルの表面を傷つけたり、ヘアカラーの染料が漏れ出したり、
髪が乾燥するなどダメージの要因を作り出します。
②修復方法(ダメージを少なく)
ヘアカラーやパーマなどでPHがアルカリに傾いた、毛髪を弱酸性のシャンプーでヘアケア。
5日~6日を使うことでPHを戻します。
パーマはカーリング料など使用して髪のダメージを迎え、ヘアカラーは既存部分は濃度の低い2剤を使用し、
ダメージを迎えるようにします。毛髪にはケラチンとコラーゲンなどタンパク質を補修します。
PHを戻す弱酸性シャンプーとトリートメントで流出したタンパク質を補います。

前処理剤シリコン除去と精製水

精製数

マンスリークーポン
ネット予約