美容室の件数が増える理由

2017.08.10

全国でコンビニより多い美容室

A.20万件に達している美容室件数.B.30件新規オープンし30件の閉店の代官山
なぜ、これほど美容室が増えるには理由があります。
若年層からスタイリストになるまで新陳代謝が活発なために競争が起こる。
社会的な保障や整備面での遅れも原因の一つ。
大きな理由としてはこの2点が大きく競争が増える原因です。

美容室の件数が増える理由

20万件に達している美容室件数
美容室は20年前は5-6万件だった件数が20年で20万件に膨れ上がりました。
人口は20年前よりは人口むしろすこし減っている状態です。
人口が少なくなって美容室件数が増えたことだけが原因ではなく、
美容業界の構造的な問題もかかえています。

1.若い世代が育って約5年で一人前としてデビューできる業種のために、
30代~40代(能力が劣る人)が出店ざるをえない状況に追い込まれます。

2.社会保険や労災保険などの将来の安定を見込めないために、
早い人で20代後半で出店する人が出てきます。

ただし美容室経営もそんなに甘いものではなく、
1年で60%、3年で90%、10年で95%が閉鎖に追い込まれる時代です。

 

30件新規オープンし30件の閉店の代官山
知り合いの不動産屋さんから聞いたお話ですが、
1~2年で代官山周辺でオープンしても閉店になるケースが多いそうです。
また、新たにオープンする美容室そうですがこんな状態が続いています。(すこしおおげさですが・・)

この地区は空きテナントが多く比較的コスト安で建築費も迎えられるそうです。
美容師さんが都会で店をもって持続させるには根気と経営能力が必要ですね。

今の時代は美容師さんは他業種に転職する方が多いのもうなずけます。
気持ちをしっかりもって技術を磨き、すこしでも経営計画を立てることをおすすめします。

美容室の件数が増える理由

 

マンスリークーポン
ネット予約