インターネットで美容室で予約する時代から

2017.08.26

24時間好きな時間帯で予約が可能なインターネット

A.美容検索サイトの個性が異なります.B.新規出店ほど需要がある
予約といえば電話がまだまだ多いですが、これから先はインターネット予約に変わる傾向。
電話は仕事を中断する必要があって、ヘアサロン側も施術中のお客さんにも合理性に問題。

いつどこでも予約ができるインターネットに変わる。
映画館やコンサートなどもインターネット販売が主流になっています。

美容検索サイトの個性が異なります
●ホットペッパービューティー・楽天・かみまど・ビューティーナビ・らしさ・etc。
インターネットによる予約はほとんどの場合は美容検索サイトである、
アプリを利用する一番の目的は価格とインターネット予約の利便性です。
ホットペッパービューティー・かみまど・ビューティーナビ・らしさは美容業界から、
楽天はショッピングサイトからアプリと性格が異なります。

インターネット予約は美容検索サイトからが一般的に定着しています。
ヘアサロンも毎月の掛け金の上昇により、
ホットペッパービューティーなどは脱退店や費用を迎えてきています。

他の美容検索サイトはどこも掛け金は同額が多いです。

②新規出店ほど需要がある
インターネット予約(美容検索サイト)は新規出店によって手段として使う。
ヘアサロンの数が多すぎて同じ地区では集まりにくくなっています。

ホットペッパービューティーは最高で掛け金は30万以上で、
ほとんどのヘアサロンは7万円代の掛け金でページを買っています。

新規出店のヘアサロンはチラシやポスティングだけでは集客できずに、
美容検索サイトアプリを使い遠方から集客しています。

インターネット予約のスタイル自体は変らないですが、
アプリに頼りすぎるのは危険水域になっています。

本当に意味でヘアサロンの技術と接客を磨くヘアサロンでしか、
生き残れない時代になっています。

 

マンスリークーポン
ネット予約