オガニックと合成シャンプーのちがいは

2017.11.04

ロレアルケラスターゼ やアヴェダが売れ筋商品です

A.オガニックと合成シャンプーのちがい B.アヴェダはオガニック志向の人が増えている

オガニックの短所は洗浄力が弱い、香りの持ちが悪い、毛穴の汚れを取りきらないなどありますが、
そういった短所があっても購買する人にはわけがあります。

自然素材つまり天然由来成分によってつくられているので、
肌や頭皮にやさしい頭皮の皮脂も洗浄力が弱いので皮脂分を残します。

ケラスターゼはラウレス硫酸ナトリウムは高級アルコール系で安価でもあり、
価格とブランドがアンバランスな部分もあります。

ブランドサロンの店販商品もアヴェダのラインアップを変えるサロンも続出していまが、
成分表示内容やお客さんも自然派志向に流れているようです。

 

1.オガニックと界面活性剤のシャンプーのちがい

オガニックは植物由来を多く配合されています。皮膚刺激が少なく洗いもマイルドなため、
毛穴に必要な皮脂分を残すので髪質の改善に効果的です。
皮膚トラブルや刺激に弱い人などに向いているシャンプー剤です。

主成分はアミノ酸系の成分である「ラウロイルメチルアラニンNa」、
「ココイルグルタミン酸Na」「スルホク酸ラウレス」が配合されていることが多い。

グルタミン酸の原料は高価なので購買する時は確認するとよいでしょう。
天然由来成分でもあるモンゴンゴオイルやバオバブ種子油は、
毛髪と頭皮などに皮脂や水分を保ち毛髪にメリットもあります。

ただし皮脂分泌過剰な人や、シャンプー剤は泡がでないと洗った気がしない、
そんな洗浄力を求める人には合わないようです。

合成シャンプーとはシリコンが入ったタイプをいいます。
石けんは天然由来成分のヤシ油などノンシリコンで合成には属さない、

添加物が多く配合されているのタイプを合成シャンプーといい、
オガニックタイプは頭皮や皮膚にマイルドな洗浄成分です。

2.アヴェダなどのオガニック志向の人が増えている

植物由来を主体にするオガニック系のシャンプー剤の売上を伸ばしています。
中でもアヴェダのブランド化が進んでいて、ブランドイメージの高いヘアサロンが使っていて、
商品も高額で美容室での店販売上メリットが大きいことも理由の一つです。

アヴェダホームページ→

また、最近のアヴェダはホームケアいがいに身体洗浄剤のラインアップなども豊富です。
ヘアサロンではサロン内で施術するタイプの処理剤に力を入れています。

トータルで毛髪をケアするタイプです。皮脂過剰の人、乾燥毛の人、フケがでやすい人、
などアヴェダの処理剤でアプローチします。

マンスリークーポン
ネット予約