メンズへアはフェイスラインや襟足の処理が大切

2017.11.08

目線でみる位置で決まるメンズヘア

A.耳回りから襟足と「際」がおしゃれ感アップ B.剝きシザーを全体にいれ軽い動きのベースを作る

床屋さんなどはもみあげなどは直角に切った男性のラインでカットすることがありますが、
固いイメージに仕上がり見た目おしゃれ感があるとは言い難いです。

真面目な印象を見た人に感じるヘアスタイルではありますが、けして多くの人が望むラインではありませんね。
際のフェイスライン・耳回り・襟足を長めに残し毛量調整する剝きをシザースで入れることで、
やわらかい質感が見た人に好印象を感じさせますね。

1.耳回りから襟足と「際」がおしゃれ感アップ

もみあげや襟足には送り毛がありますが、この部分はバリカンなどで処理することはタブーです。
場合によっては肌が見えてしまい青ぞりが残るからです。
前文でも際は長めに残しスキっきりするようカットします。

メンズヘアの場合はサイド付近は浮くようなクセが多い人が多くいます。
浮いて部分は剝きでぼかしてサイドの処理を行います。
サイドから際の処理はメンズヘアのターニングポイントです。

2.剝きシザーを全体にいれ軽い動きのベースを作る

メンズヘアの場合はブラントする前に剝きを中間~毛先に行います。
直毛でも剝きを入れることでクセ毛のような質感をつくり、
やわらかい質感を出すことができます。

サロンワークでこの技法を覚えると時間短縮にもなります。
下準備が出きた後に「カタチ」をデザインしスタイルのバランスを整えます。
ドライチェックやカットのチェック時に「際」を整えればやわらかいメンズアが完成です。

 

マンスリークーポン
ネット予約