オルディーブクリスタルへアカラー

2017.11.17

くすみ感のあるブラウンはミルボンの特筆すべきポイント

A.日本人に一番の相性がいいベージュ B.個性的なグリーン色のミント

ミルボンは淡いブラウンが他のヘアカラー剤ない良さがあります。
ウエラコレストンは鮮やかさがウリのようですが、ミルボンは自然な発色が他のヘアカラー剤がポイント。

ヘアサロンウェーブではウエラ・ミルボン・ホーユーを使っていますが、
色にクセがなく日本人の髪質によくマッチしています。
染料の発色も速く遠赤外線を使わなくても浸透性は高い。

色の発色もスムーズで思ってような色が出てきます。

1.日本人に一番の相性がいいベージュ

ミルボンのヘアカラーは「計算できる発色」にあるようです。
ヘアカラーチャートの色見本とほぼ同系色の色が髪質に発色します。
色の明るさと彩度の色味と優秀なヘアカラー剤といえます。

その中でもクリスタルカラーのネーミングと出ているように、
ツヤが出て色も色見本と同じような配色が出て使いやすいです。

その中でもベージュはまろやかな赤味が日本人の肌にピッタリです。
メラニンも赤色でも黄色でもいずれもなじんでお客さんの受けも良いようです。

色に迷ったらベージュをおすすめします。

2.個性的なグリーン色のミント

マット系の色は個性が強いの避ける人が多いですが、
ミルボンのミントは色の計算もできるので、ヘアカラーの色を変えたい人やおしゃれな人には向いています。
ミルボンのグレーカラーの配色はコレストンに比べ少なく、

コレストンは色メニューが多いのは、自分で調合したオリジナルな色を出せるが良さがあります。
ミルボンのミントはくすみ感があるので自然でやわらかい発色が出てきます。
コレストンは鮮やかさが強く髪質や好みによって使い分けするといいでしょう。

グリーン色は個性的な色合いを希望する人や、退色した赤味を消したい人に向き、
ミントをご提案しましょう。

 

マンスリークーポン
ネット予約