コストと費用対効果の高いサロンヘアカラー

2017.11.21

ウエラ・ミルボン・ホーユーの3大メーカか?

A.各社の個性と特性を知る B.商品の特性を知ったうえで使うことで結果的にはやすく

ミルボンとホーユーが価格的にはリーズナブルなサロンヘアカラーといえます。
ウエラは薬剤の量も多くいちがいにはコスト高とはいえませんが、他の2社と比べても50円から100ほどは安いです。

使いやすさや髪質や状態によって選択すると効果的です。

1.各社の個性と特性を知る

「ウエラコレストン」は商品のラインアップや商品の幅などが他を圧倒しサロンヘアカラーのリーダー的な役割です。

「ミルボン」は日本人に合わせて商品開発をしています。商品の種類や質も高く、コレストンとの競争が激しくしのぎあっています。

「ホーユー」はホームヘアカラー市場が高くそこから商品を開発する強みがあります。ハイトーンヘアカラーは3剤式ヘアカラーで12~うえの明るいヘアカラーは、市場などの若い女性を中心に明るいヘアカラーを開発しています。

2.商品の特性を知ったうえで使うことで結果的にはやすく

ヘアカラー剤の価格は量や内容だけで安さの基準を考えるのは誤りのような気がします。

国産のあるヘアカラーメーカなどは11以上のグレイジュ系のヘアカラーの1本単価をおさえています。スーパーロングのグレイジュを行う場合はこのメーカの商品がいいでしょう。

外国人のようなハイトーンヘアカラーで2度ほど施術するヘアカラーをするのは、コスト的にも時間もかかるので、いまのヘアカラーの明るさが明るければホーユーの3剤式のアプリエがおすすめです。

ブリーチ剤も入っているので明るさも容易に発色するからです。ダブルヘアカラーをしないですむので結果的にコストも安くなります。

イルミナは髪が多く硬い人に彩度がしっかり表現できるので、染料も濃く持続性も高いためコストが安くなります。

ミルボンのオルディーブは、ブラウンのモカやベージュなど彩度ががしっかり入るので白髪染めや、おしゃれ染めなど自然で発色し、コレストンよりも価格も安くキレイな発色が出てきます。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約