美容室と希望のヘアスタイルの伝え方

2018.01.04

美容師さんにしてほしくないヘアを伝える

A.簡単に希望のヘアスタイルを伝える方法

お客さまと相談しヘアスタイルを美容師とともにヒアリングしながら希望のヘアスタイルを作る。美容師さんにおまかせとはいっても、かならず思ったようなヘアスタイルになるとは限りません。そんな時に簡単なことばを”ひとこと”伝えることがポイントです。

1.話をするのは苦手な人や伝え方

たくさんの言葉は必要はありません。ひとつ大切なことをだけを伝えるようにしましょう。

Q くせ毛があるので短くするのが嫌いな人は短くしないことを伝える。

A ひと言伝えることで短くはならない。

Q 髪がダメージがありクセがあるので弱めにパーマにしてほしいと伝える。

A あらかじめロッドを太めで、水まきでパーマをかけることで強くなることを防ぐことが可能です。

Q いつも決まりきったヘアスタイルにマンネリを感じる。言葉ではなく画像やヘアスタイル雑誌で伝える。

A 髪質のちがいから入念にヒアリングを行うために、時間うことによって希望のヘアスタイルに仕上がります。

Q 就職などで明るい髪を黒染めにする場合は美容師さんに伝える。

A 黒染めはプロが肉眼で確認しても、毛髪診断を行わないと失敗する場合があります。お客さまの人のひとことが失敗を防ぎます。

Q アウトバストリートメントやマスク系のトリートメントを使用していないか伝える。

A パーマは油剤が髪に付着することで、パーマがかからないことがあります。調整し再度やり直しすることで、髪のダメージにつながるのでひとこと伝えましょう。

かならず多くの言葉だけは必要ではなく、伝えやすい言葉をひとつだけで、希望のヘアスタイルに仕上がります。

こんなことと思われがちですが、失敗して後悔しないためにも施術するごとに伝えることが大切です。

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約